〜TAB Ltd.の軌跡〜
(last updated 2017/9/10)


平成29年(2017年)
9月 ・島村楽器パサージオ西新井店にて、打田十紀夫ライヴ&トーク開催。
9月 ・全日本プロレスの渕正信さん、湯川さんに、代々木「三亀勢」で打田の誕生日呑み会をやってもらう。
9月 ・浜松「なんでモール」、町田「カフェ万象房」にて、毎年恒例の打田十紀夫バースデー・ライヴ開催。50代最後の1年がスタート!
8月 ・島村楽器のイオンモール宮崎店とパークプレイス大分店にて、打田十紀夫ライヴ&トーク開催。
8月 ・静岡「Living Room」、横浜元町「アースリーパラダイス」で、打田十紀夫ソロライヴ開催。
7月 ・アントニオ猪木派の岡崎「Funky Good Time」で、ジャイアント馬場派の打田十紀夫がライヴ。長州力派のAcoustic Gypsyも出演。
7月 ・天王洲セントラルタワーで開催された「Canal Garden Party '17」に打田十紀夫が出演。
7月 ・曙橋「Back In Town」で打田十紀夫ソロライヴ開催。愛弟子Masatoがスポートで出演。
7月 ・『アコースティック・ギター・ブック45』(シンコー・ミュージック)に、オープン・チューニングとスライド・プレイにスポットを当てた打田十紀夫のインタビューが掲載される。CD「どこかで春が」収録のスライド・アレンジ“黒田節”の楽譜も掲載される。
7月 ・「打田十紀夫 北海道ツアー2017」で、旭川・富良野・小樽・札幌・苫小牧・帯広・釧路を回る。
6月 ・島村楽器・長野K'sスクエア店、イオンモール佐久平店、久留米ゆめタウン店、アミュプラザ博多店にて「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
6月 ・ギタリスト垂石雅俊氏の新作CD「カフェ音景」に収録のピンクフロイド・ナンバー「あなたがここにいてほしい」に、打田十紀夫がスライド・ギターで参加。
5月 ・「打田十紀夫・境港〜四国ツアー」で、境港・高松・鳥取・須崎・松山を回る。
5月 ・「メガネの三城」松江店にて、お客様向けインストア・ライヴ開催。
5月 ・島村楽器・梅田ロフト店、奈良店にて「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
5月 ・埼玉会館で開催された「埼玉★浦和ギターカーニヴァル 2017」のメインコンサートに打田十紀夫出演。
5月 ・CD&DVD付き教則本「打田十紀夫 カントリー・ブルース・ギター・バイブル」(リットーミュージック)発売。
5月 ・島村楽器・ユーカリが丘店、アリオ橋本店にて「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
4月 ・モリダイラ楽器主催「フィンガーピッキング・デイ 2017」に打田十紀夫がゲスト出演。コンテスト部門のTAB賞は、吉次泰雄さんが受賞。
3月 ・TABギタースクール生徒発表会開催(場所:マロンホール)。
3月 ・『ギター・マガジン講義録 ブルースの逆襲!!』(リットーミュージック)が、『ブルース・ギター入門 3種ブルースのフルコース』としてリニューアル発売。
3月 ・「打田十紀夫〜春のソロツアー2017〜」で、四日市・西宮・鳥取・松江・福山・防府・倉敷を回る。
3月 ・ミュージックランドKEY新宿店にて、お客様感謝イベント「Yokoyama Guitar Presents 打田十紀夫インストア・ライヴ」開催。
2月 ・和歌山「Hobo's Bar」で2年ぶりにライヴ開催。
1月 ・ミュージックランドKEY主催『モーリスFingerpicking Day2017 東日本予選』に打田十紀夫が審査&ゲスト出演。
1月 ・AbemaTVのVICEチャンネル「OFF STRINGS 2」に打田十紀夫出演(その後も随時、再放送)。
1月 ・島村楽器主催『モーリスFingerpicking Day2017九州予選』に打田十紀夫が審査&ゲスト出演。
1月 ・島村楽器イオンモール佐賀大和店にて「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
1月 ・YouTubeの打田十紀夫チャンネルに久々に動画をアップ。CD『どこかに春が』(キングレコード)収録の「朧月夜」「竹田の子守唄」「からすの赤ちゃん」「通りゃんせ」の4曲。

平成28年(2016年)
12月 ・広島、紀宝町を回る打田十紀夫年内最終巡業。
12月 ・大阪「studio art point」で、「TAB大阪校&art point」合同発表会と打田十紀夫・天満俊秀・土師剛のライヴを組み合わせた「Fingerpicking X'mas」を開催。
12月 ・CD&DVD付き教則本「打田十紀夫直伝! アコースティック・ブルース・ギター 目からウロコの楽ネタ大全」(リットーミュージック)発売。
12月 ・「打田十紀夫 九州ツアー2016 Part 2」として、鹿児島・高鍋・宮崎でライヴ開催。
12月 ・エフエム鹿児島『μs UP!』に、打田十紀夫が生出演&生演奏。
12月 ・長野「コンサートホールみすず」、白山「ポンポロプーF&Pホール」にて、「どこかで春が」発売記念ライヴ開催。
11月 ・「打田十紀夫 九州ツアー2016 Part 1」として、小倉・博多・熊本・吉井町・長崎・大分を回る。
11月 ・「打田十紀夫&浜田隆史 Blues, Ragtime & Beyond」ライヴ、阿佐ヶ谷で開催。
11月 ・岡崎ジャズストリート2016に打田十紀夫が出演(Funky Good Timeと葵丘にて計4回のライヴ開催)。
11月 ・東京ビッグサイトで開催された「2016楽器フェア」で打田十紀夫がモーリス・ギター・デモ演奏(モリダイラ楽器・ブース)。
11月 ・上大岡で打田十紀夫ソロライヴ開催。
10月 ・「打田十紀夫・東北ソロライヴ・ツアー2016 Part 2」で、高崎・村上・弘前・青森・宮古・盛岡・南三陸町でのライヴ開催。
10月 ・「打田十紀夫・東北ソロライヴ・ツアー2016 Part 1」で、十和田・仙台・酒田・秋田でのライヴ開催。
10月 ・ゆうパークおごせで開催された「GO AROUND JAPAN 2016」に昨年に続いて打田十紀夫が出演。
9月 ・町田「万象房」、名古屋「Slow Blues」、静岡「Living Room」、浜松「なんでモール」で、恒例の「打田十紀夫バースデー・ライヴ」“実年齢編”を開催。
8月 ・九十九里「シーブリーズ」で打田十紀夫ライヴ開催。
8月 ・お茶の水「アコースティック・プラネット」にて、リゾネーター・ギターを中心に用いてのインストア・ライヴ&トーク「打田十紀夫〜National Resonator Sound File〜」開催。(ダイジェスト映像
8月 ・三宮「Apple Guitars」、富山「開進堂楽器 Blue Guitars」にて、打田の新作CD「どこかで春が」発売記念ライヴを開催。
8月 ・Player one-lineブログに、新作CD「どこかで春が」に関する本誌を補足する打田のロング・インタビューが掲載される。
8月 ・『プレイヤー』誌 2016年9月号の「Open The Treasure Box」のコーナーで、Morris SC-123Uと新作CD「どこかで春が」に関する打田十紀夫インタビューが掲載される。
8月 ・JR東日本の新幹線の車内サービス誌『トランヴェール』2016年8月号のモーリス松本工場の記事で、打田十紀夫のコメントが掲載される
7月 ・『アコースティック・ギター・ブック43』(シンコー・ミュージック)に、新作CD「どこかで春が」リリースに関しての打田十紀夫インタビューが掲載される。
7月 ・『打田十紀夫/どこかで春が〜アコースティック・ギターが奏でる日本の歌 』発売記念ライヴを東京、北海道(旭川・富良野・芦別・小樽・札幌・苫小牧・帯広・釧路)で開催。
7月 ・『アコースティック・ギターが奏でる日本の歌「打田十紀夫/どこかで春が」完全コピー楽譜集』が発売になる。
6月 ・『打田十紀夫/どこかで春が〜アコースティック・ギターが奏でる日本の歌 』が、プレイヤー、ギター・マガジン、blues & soul recordsの各誌で紹介される。
5月 ・「打田十紀夫&大久保初夏 Acoustic Blues Live 四国ツアー」を松山、高松、徳島、高知で開催。
5月 ・『Solo Guitar Special』(シンコー・ミュージック)に、岡崎倫典×打田十紀夫×南澤大介の鼎談と打田十紀夫インタビューが掲載される。「ルーツ・ミュージックのテイストを取り込む」アレンジ法も執筆。
5月 ・キングレコードよりニューCD『打田十紀夫/どこかで春が〜アコースティック・ギターが奏でる日本の歌 』リリース。
4月 ・島村楽器イオンモール利府店にて「打田十紀夫ライヴ&セミナー」開催。
4月 ・モリダイラ楽器主催「フィンガーピッキング・デイ 2016」に打田十紀夫&大久保初夏がゲスト出演。コンテスト部門のTAB賞は、つるみまさやさんが受賞。
4月 ・新装改訂版のCD付き教則本『ラグタイム・ギター』が再発売される。
3月 ・TABギタースクール生徒発表会開催(場所:マロンホール)。
3月 ・「打田十紀夫〜春のソロツアー2016〜」で、岡山・大阪・鳥取・松江・津和野/吉賀・徳山・福山を回る。
3月 ・FMくらしき『土師剛のクリエイターズ・セッション』に、打田十紀夫がゲスト出演&生演奏。
2月 ・ロニー・ジョンソンを特集した「ブルース&ソウル・レコーズ」誌 No.128(スペースシャワーネットワーク発行)に、「ロニー・ジョンスンのギター・スタイル:打田十紀夫の奏法解説[戦前編/戦後編]」が掲載される。
1月 ・『Acoustic Guitar Book 42』(シンコー・ミュージック)の「ソロ・ギタリストからのアドヴァイス」コーナーで打田十紀夫のコメントが掲載される。
1月 ・ミュージックランドKEY主催『モーリスFingerpicking Day2016 東日本予選』に打田十紀夫が審査&ゲスト出演。
1月 ・島村楽器主催『モーリスFingerpicking Day2016九州予選』に打田十紀夫が審査&ゲスト出演。
1月 ・島村楽器イオンモール佐賀大和店にて「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。

平成27年(2015年)
12月 ・「TAB大阪校&art point」合同発表会を千里丘studio art pointで開催。
12月 ・上大岡と吉祥寺にて「打田十紀夫&大久保初夏〜Acoustic Guitar Blues Night〜」開催。
12月 ・ミュージックランドKEY新宿店にて、Yokoyama Guitar Presents「打田十紀夫インストア“スペシャル”ライヴ」開催。
11月 ・打田、「宝そば」でおなじみ東小金井の名店「宝華」のマスターと伊豆の温泉に行く。
11月 ・鹿児島・高鍋・都城・宮崎・大分・熊本・小倉・朝倉と回る「打田十紀夫 九州ツアー2015」開催。
10月 ・村上・酒田・秋田・弘前・十和田・宮古・盛岡・仙台と回る「打田十紀夫・東北ソロライヴ・ツアー2015」開催。
9月 ・ゆうパークおごせで開催された「JAPAN FOLK FESTIVAL 2015」に打田十紀夫が初出演。
9月 ・打田、かなりディープな痛風が出る。
9月 ・奈良「ビバリーヒルズ」、白山市「ポンポロプーF&Pホール」で打田十紀夫ライヴ開催。
9月 ・静岡「Living Room」、浜松「なんでモール」、名古屋「Slow Blues」で“打田十紀夫“自称40才”バースデー・ライヴ”を開催。
9月 ・CDレッスン『打田十紀夫/フィンガーピッキング・ブルース・ギター』がTABネットショップ通販限定版として再発売。
9月 ・アコギ・マガジンで連載の「打田十紀夫/アコースティック・ブルース・ギター講座」が音付き電子書籍『アコースティック・ブルース・ギター講座 ベスト20』としてiBooks storeより発売。
9月 ・町田「万象房」、浦和「グッディーズカフェ」で打田十紀夫“自称40才”バースデー・ライヴ”を開催。
8月 ・太田市「cafe SCORE」、長野「インディア・ザ・ロック」で打田十紀夫ライヴ開催。
8月 ・九十九里「シーブリーズ」で打田十紀夫ライヴ開催。
8月 ・CD付き教則本『39歳からの本格アコースティック・ギター』(リットーミュージック)が台湾で出版される。
8月 ・「打田十紀夫 北海道ソロライヴ・ツアー2015」で、釧路・帯広・札幌・苫小牧・小樽・富良野・旭川を回る。
7月 ・曙橋「Back In Town」で開催された打田十紀夫ライヴに、カリプソ・フィンガーピッカー土師剛がゲスト出演。
7月 ・四日市「ハートフルコンサート」に出演。三重県最南端の紀宝町で初のライヴ開催。
7月 ・静岡SBSラジオ『ほのぼのワイド』の「中村こずえの興味津津」のコーナーで電話インタビュー出演。
6月 ・打田十紀夫ソロライヴを大阪・上大岡・和歌山・高松・徳島・松山・高知で開催。
5月 ・打田十紀夫のロングセラー教則DVD「ギター・スタイル・オブ・ロバート・ジョンソン」が、大幅に加筆したDVD付きムック『DVDで完全学習 ギター・スタイル・オブ・ロバート・ジョンソン』(リットーミュージック)として再登場。
4月 ・幕張メッセで開催された『ニコニコ超会議2015』内「香山リカ医院」出張生放送に、打田十紀夫がゲスト出演。
4月 ・土師剛のCD「セント・トーマス」が、プレイヤー、CDジャーナル、アコースティック・ギター・マガジン、blues & soul recordsの各誌で紹介される。
4月 ・モリダイラ楽器主催「フィンガーピッキング・デイ 2015」に打田十紀夫がゲスト出演。コンテスト部門のTABギタースクール賞は、KOYUKIちゃんが受賞。
3月 ・ジョン・レンボーン氏が逝去。TABでは2度来日ツアーを企画しました。
3月 ・Acoustic Guitar Book Presents『ソロ・アコースティック・ギターの表現力を磨く』(シンコー・ミュージック)に打田十紀夫インタビューが掲載される。
3月 ・『有識者が選んだ! あなたの知らないギター・インストの世界!』(リットーミュージック)に、打田十紀夫が選者のひとりとしてCD10選と黒人カントリー・ブルースマン名演ページを寄稿。
3月 ・TABギタースクール生徒発表会開催(場所:マロンホール)。
2〜3月 ・「打田十紀夫〜春のソロツアー2015〜」で、周南・福山・松江・鳥取・総社・神戸を回る。
2月 ・土師剛デビューCD「セント・トーマス 〜カリプソ・フィンガースタイル・ギター〜」リリース。
2月 ・「打田十紀夫&浜田隆史 Blues & Ragtime ライヴ」町田「カフェ&Live Bar 万象房」にて開催
2月 ・ミュージックランドKEY主催『モーリスFingerpicking Day東日本予選』に打田十紀夫が審査&ゲスト出演。
2月 ・打田の盟友、全日本プロレスの渕正信が、初めて「週刊プロレス」の表紙に単独で登場。
1月 ・ロングセラー&大ヒット作、打田十紀夫の「ブルース・ギターの常套句 生!」が、DVD付きムック「DVDでよくわかるブルース・ギターの常套句 生!」(リットーミュージック)として再登場。
1月 ・島村楽器福岡イムズ店にて「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
1月 ・島村楽器主催『モーリスFingerpicking Day2015九州予選』に打田十紀夫が審査&ゲスト出演。
1月 ・TABサムピックが改良された「TAB Special II」としてリニューアルされる。落ちないフラットピック「nine9」シリーズも新発売。
1月 ・ゲイリー・デイヴィスの音楽と人生を追うドキュメンタリーDVD「Harlem Street Singer」に打田十紀夫の英語インタビューが収録される。
1月 ・曙橋「Back In Town」にて「打田十紀夫&大久保初夏 Acoustic Blues Live」開催。

平成26年(2014年)
12月 ・「TAB大阪校&art point」合同発表会を千里丘studio art pointで開催。
12月 ・『ミュージックトレード』第53巻(2015年1月号)に打田のインタビューが掲載される。
12月 ・青森のFM青森「ラジmott!!」、弘前のFMアップルウェーブ「ゴゴナビ」に、打田と大久保初夏ちゃんが生出演&生演奏。
12月 ・打田十紀夫と期待のブルース・ガール、大久保初夏ちゃんとのアコースティック・ブルース・デュオで、大阪・名古屋・秋田・青森を回る。
12月 ・驚異の軽量カポタスト「スタ☆カポ」のお取り扱いを開始。
12月 ・ニコ生『香山リカ医院』に、全日本プロレスの渕正信選手、和田京平レフリーと共に打田十紀夫が生出演&生演奏。
11月 ・打田十紀夫のCD付き教則本『39歳からの本格アコースティック・ギター』(リットーミュージック)が発売。
11月 ・東京ビッグサイトで開催された「2014楽器フェア」で打田十紀夫がモーリス・ギター・デモ演奏(アトリウム中央ステージ、モリダイラ楽器・ブース)。
11月 ・小倉・大分・高鍋・宮崎・熊本・鹿児島・佐賀・長崎・筑紫野と回る「打田十紀夫 九州ツアー2014」開催。
11月 ・岡崎ジャズストリート2014に打田十紀夫が初出演。
10月 ・高崎、村上、弘前、十和田、仙台、盛岡、酒田と回る「北関東〜東北・打田十紀夫ソロライヴ・ツアー」開催。
10月 ・「ミッシェル・オーモン&打田十紀夫 Special Live」をM's SPACEで開催。
9月 ・三ノ宮「Great Blue」にて打田十紀夫ライヴ開催。
9月 ・two-five 大宮ラクーン店にて「アコースティック・ギター・セミナー」開催。
8〜9月 ・九十九里「シーブリーズ」、静岡「Living Room」、浜松「なんでモール」、町田「万象房」、南浦和「宮内家」で“打田十紀夫“自称39才”バースデー・ライヴ”を開催。
8月 ・東小金井「マロンホール」にてTABミニ発表会開催。
8月 ・富山「開進堂・楽器センター富山」にて打田十紀夫ソロライヴ開催。
7月 ・「打田十紀夫 北海道ソロライヴ・ツアー2014」で、旭川・富良野・苫小牧・釧路・帯広・小樽・札幌を回る。
7月 ・ニコ生『香山リカ医院』に、全日本プロレスの渕正信選手、青木篤志選手と共に打田十紀夫が生出演&生演奏。
7月 ・ギタリスト垂石雅俊氏の新作CD「夏うた」に収録の渡辺美里ナンバー「サマータイム・ブルース」に、打田十紀夫がスライド・ギターで参加。
7月 ・和歌山、広島にて打田十紀夫ソロライヴ開催。
5月 ・高砂「スタジオ・アジル」にて打田十紀夫ライヴ開催。
5月 ・「TOKYOハンドクラフトギターフェス2014」の“10周年記念ライヴ”として、打田十紀夫がライヴ開催(提供:プレイヤー誌)。
5月 ・東小金井「マロンホール」にてTABミニ発表会開催。
4月 ・名古屋「スローブルース」にて打田十紀夫ライヴ開催。
4月 ・TAB主催「ステファン・グロスマン&打田十紀夫“Between Two Worlds”ツアー」を、東京(2回)、神戸、倉敷、大阪、静岡、金沢、新潟で開催。
4月 ・モリダイラ楽器主催「フィンガーピッキング・デイ 2014」に打田十紀夫とステファン・グロスマンがゲスト出演。コンテスト部門のTABギタースクール賞は、siyohさんが受賞。
3月 ・ニコ生『香山リカ医院』に、渕正信選手と共に打田十紀夫が再び生出演&生演奏。
3月 ・「打田十紀夫〜春のソロツアー2014〜」で、倉敷・山口・福山・米子・鳥取・高松・徳島・高知・松山(ライヴとセミナー)を回る。
3月 ・月刊『ミュージシャン』2014年4月号(ミュージックトレード社)に打田十紀夫がカラー表紙&巻頭インタビューで登場。
3月 ・TABギタースクール生徒発表会開催(場所:M's SPACE)。
3月 ・モーリス・ギターのオール・マホガニー打田十紀夫シグネチャー・モデル(普及版)SC-16Uが発売になる。
2月 ・TAB生徒発表会が記録的大雪のため延期になる。
2月 ・ミュージックランドKEY主催『モーリスFingerpicking Day東日本予選』に打田十紀夫が審査&ゲスト出演。
1月 ・打田十紀夫のCD付教則本「なんちゃってアコースティック・ブルース」(リットーミュージック)が新装版で再登場。
1月 ・枚方の名物ブルース・バー、ポパイ商店にて、打田十紀夫のライヴ開催。
1月 ・ニコ生『香山リカ医院』に、渕正信選手と共に打田十紀夫が生出演&生演奏。
1月 ・島村楽器小倉リバーウォーク店にて「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
1月 ・島村楽器主催『モーリスFingerpicking Day九州予選』に打田十紀夫が審査&ゲスト出演。

平成25年(2013年)
12月 ・「TAB大阪校&art point」合同発表会を千里丘studio art pointで開催。
12月 ・M's SPACEにて「打田十紀夫 vs 南澤大介〜モーリス・ギターの夕べ〜」ライヴ開催(ブログ)。
12月 ・「アコースティック・ギター・ブック38」(シンコー・ミュージック)に、新CD『Between Two Worlds』にまつわる打田十紀夫インタビューが掲載される。他に、モーリス・ギターの新シグネチャー・モデル(SC-123U、SC-16U)の記事も掲載。
12月 ・教室内ミニ発表会&2013年TAB忘年会開催。
12月 ・ギタリスト垂石雅俊氏の新作CD「ヒーリング・ラヴ・バラード」発売。打田十紀夫が収録曲「アマンダ」にスライド・ギターで参加。
12月 ・ザ・グレート・カブキのお店「かぶき うぃず ふぁみりぃ」を打田が初めて訪問(ブログ)。
11月 ・新CD発売記念「九州ソロライヴ・ツアー2013」で、打田十紀夫が大分・小倉・博多・佐賀・諫早・熊本・宮崎・鹿児島を回る(ブログ)。
11月 ・新CD「Between Two Worlds」発売記念打田十紀夫ライヴ(ゲスト:大久保初夏)を東京曙橋の「Back In Town」で開催(ブログ)。
11月 ・ステファン・グロスマンと打田十紀夫の2枚目のデュエットCD『Between Two Worlds』発売(国内単独リリース)。
11月 ・“サウンドメッセ in 大阪 2013”Dホールにて「岡崎倫典 x 打田十紀夫 x 南澤大介」ライヴ開催。
10月 ・諏訪魔、曙に敗れ三冠王座転落。ドリー・ファンク・ジュニア、テリー・ファンク来日(ブログ)。
10月 ・モーリス・ギターのオール・マホガニーの新しい打田十紀夫シグネチャー・モデルSC-123Uがデビュー。
10月 ・前橋、仙台(ブログ)、酒田、秋田(ブログ)、弘前、十和田(ブログ)、宮古(ブログ)、盛岡、村上(ブログ)と回る「打田十紀夫ソロライヴ・ツアー」開催。
10月 ・以前の特集記事をまとめた「アコースティック・ギター・マガジン特撰講義録」(リットーミュージック)に、「弾けるカントリー・ブルース」「打田十紀夫のフィンガーピッキング・スライド・ギター」「ウッディ・マン直伝! フィンガーピッキング・ブルースの真髄」が掲載される。
10月 ・打田十紀夫仕様のSITロイヤル・ブロンズ12弦が入荷。
10月 ・「TABニュース 2013年10月号」発行。
9月 ・筑紫野市、上大岡(ブログ)、南浦和、新潟、白山市(ブログ)で「打田十紀夫ソロライヴ」開催。
8〜9月 ・町田「万象房」、浜松「なんでモール」、静岡「Living Room」で“打田十紀夫“自称38才”バースデー・ライヴ”を開催(ブログ)。
8月 ・吉祥寺「ROCK JOINT GB」で開催の「GB BLUES CARNIVAL」に出演。
8月 ・「36°5」で「打田十紀夫〜さよなら幡ヶ谷〜ライヴ」開催。九十九里「シーブリーズ」でライヴ開催(ブログ)。
8月 ・大阪、四日市で、打田十紀夫ソロライヴ開催(ブログ)。
8月 ・TABオフィスが、設立以来22年もいた幡ヶ谷の街からJR東小金井駅前に移転。
7月 ・幡ヶ谷最後の日に、駅前の油そば「山ト天幡ヶ谷店」で公約通り“大盛り+トッピング全部載せ”を注文、完食する。
7月 ・リットーミュージックの「アコースティック・ギター・マガジン57」に、ボブ・ブロズマンに捧げる打田の追悼コメントが掲載。
7月 ・シンコー・ミュージックの「アコースティック・ギター・ブック37」に、ボブ・ブロズマンを偲んでの打田のインタビューが掲載
7月 ・「打田十紀夫 北海道ソロライヴ・ツアー2013」で、釧路・北見・旭川・富良野・小樽・帯広・札幌・苫小牧を回る(ブログ)。
6月 ・ステファン・グロスマンとの2枚目のデュエットCD録音のため、打田十紀夫渡米(ブログ)。
6月 ・「プレイヤー」誌 7月号の特集「フィンガーピッキングの魅力」で、打田十紀夫インタビューが掲載
5月 ・大津・和歌山で、「打田十紀夫ソロライヴ」開催。
4月 ・リットーミュージックの「アコースティック・ギター・マガジン56」に、TABサムピックに関する打田十紀夫インタビュー掲載。
4月 ・ボブ・ブロズマン氏がサンタクルーズの自宅にて急逝。
4月 ・日本プロレス界の生き証人、渕正信選手の携帯小説『我が愛しの20世紀全日本プロレス史』が、iBook-storeで発売になりました(こちら)。
4月 ・TAB主催「ボブ・ブロズマン Japan Tour 2013 with 打田十紀夫」を、倉敷、広島、大阪、静岡、東京で開催。
4月 ・モリダイラ楽器主催「フィンガーピッキング・デイ 2013」に打田十紀夫とTAB主催ツアーで来日のボブ・ブロズマンがゲスト出演。コンテスト部門のTABギタースクール賞は、おっくさんが受賞。
4月 ・打田十紀夫のCD付教則本「なんちゃってアコースティック・ブルース」(リットーミュージック)が韓国語版として韓国で出版される。
3月 ・全日本プロレスの三冠王者・諏訪魔選手が、渕正信選手と共にTABの事務所を訪問(写真)。
3月 ・「打田十紀夫〜春のソロツアー2013〜」で、福山・松山・山口・松江・鳥取・神戸を回る(ブログ)。
3月 ・第12回TABギタースクール生徒発表会開催(場所:M's SPACE)。
3月 ・約10年ぶりにTABネットショップ新装開店!
3月 ・「TABニュース 2013年3月号」発行。
2月 ・すみやグッディ沼津店にて「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
2月 ・第10回教室内ミニ発表会開催。
2月 ・西麻布「The Juke Joint」にて、「大久保初夏 Blues Project Vol.2 with 打田十紀夫」開催(ブログ)。
2月 ・名古屋「スローブルース」にて「猫とドラゴン」発売記念ライヴ開催。
2月 ・Key楽器主催『モーリスFingerpicking Day東日本予選』に打田十紀夫が審査&ゲスト出演。
2月 ・ダコタ・デイヴ・ハルの来日ライヴ東京公演に、打田十紀夫と浜田隆史がゲスト出演。
1月 ・第9回教室内ミニ発表会開催。
1月 ・米カリフォルニア州アナハイムで開催のNAMMショーにて、打田十紀夫がモーリス・ギターとTABピックのデモ演奏(ブログ)。

平成24年(2012年)
12月 ・『香山リカのココロの美容液 Xmas スペシャル』(NHKラジオ第一)に、打田十紀夫がゲスト出演&生演奏(ブログ)。
12月 ・阿佐ヶ谷「harness」にて打田十紀夫クリスマス・ライヴ開催(ブログ)。
12月 ・「渕正信 vs 打田十紀夫:プロレスとギターのトーク&ライヴ in 大阪」を千里丘のstudio art pointで開催(ブログFacebook)。
12月 ・第8回教室内ミニ発表会開催。
12月 ・『“猫とドラゴン”完全コピー楽譜集』が発売になる。
11月 ・鹿児島MBCラジオ『城山スズメ』に、打田十紀夫がゲスト出演&生演奏。
11月 ・「猫とドラゴン」発売記念九州ツアーで、打田十紀夫が博多・大分・小倉(ブログ)・諫早・熊本(ブログ)・高鍋・宮崎・鹿児島(ブログ)を回る。
11月 ・「トニー・マクマナス&打田十紀夫 Special Live」を「M's SPACE」で開催(ブログ)。
11月 ・TABサムピック、通算売り上げ数で10万個を突破(ブログ)。
11月 ・甲府・浦和・村上で、「打田十紀夫ソロライヴ」開催(ブログ)。
10月 ・スペースシャワーネットワーク発行の「ブルース&ソウル・レコーズ」誌 No.108に、「打田十紀夫が名フィンガーピッキング・ギタリスト3人の奏法を解説──ミシシッピ・ジョン・ハート/ライトニン・ホプキンス/レヴァランド・ゲイリー・デイヴィス」掲載。
10月 ・打田十紀夫 8th.CD「猫とドラゴン」(TABレーベル)リリース。同CDは、東京都美術館で開催の『群龍割拠 猫とドラゴン展』の音楽として採用される。
10月 ・打田十紀夫“東北〜北関東ソロライヴ・ツアー2012”で、宇都宮・盛岡・弘前・秋田・宮古・酒田・新潟・前橋を回る。
9月 ・“サウンドメッセ in 大阪 2012”にTABギタースクールが出展。Dホールにて「岡崎倫典&打田十紀夫ジョイント・ライヴ」開催。またROOTSのブース内ミニライヴも開催。
9月 ・打田十紀夫のロングセラー教則DVD「すぐ弾けるカントリー・ブルース・ギター」(リットーミュージック)が廉価版で再登場。
9月 ・介護付き老人ホーム「マザアス南柏」の敬老祝賀会で打田十紀夫が演奏(ブログ)。
9月 ・「岡崎倫典&打田十紀夫 ジョイント・ライヴ」を、朝倉「音茶」、倉敷「ヤマハ倉敷店ウィスタリアホール」、名古屋「パラダイスカフェ21」で開催(ブログ)。
9月 ・町田「万象房」、静岡「Living Room」、浜松「なんでモール」で“打田十紀夫“自称37才”バースデー・ライヴ”を開催(ブログ)。
8月 ・水戸「Blue moods」、いわき「BAR QUEEN」にて、打田十紀夫ソロ・ライヴ開催(ブログ)。
8月 ・『香山リカのココロの美容液』(NHKラジオ第一)に、打田十紀夫がゲスト出演&生演奏(ブログ)。
8月 ・“TAB大阪校 開校記念”打田十紀夫ライヴ&トークを千里丘のstudio art pointにて開催(ブログ)。
7月 ・「打田十紀夫 北海道ソロライヴ・ツアー2012」で、旭川・富良野・小樽・札幌・釧路を回る。
7月 ・札幌ねっとてれびとさっぽろ村ラジオの『Music Mall 浅井のぶとアコギな仲間たち』に、打田十紀夫がゲスト出演。
7月 ・大阪市大正区の「Muzika」で打田十紀夫ソロ・ライヴを開催(ブログ)。
7月 ・打田、久しぶりにディープな痛風が出る。
7月 ・art pointのご協力により、TABギタースクール大阪校を開校。
7月 ・従来の磁器製のものに加え、真鍮製の“ヘビー級”ジャイアント・ボーン・バー、新発売。
7月 ・第7回教室内ミニ発表会開催。当日還暦を迎えられた高辻さんのバースデー・パーティ、そしてもちろん飲み会も盛大に。
6月 ・『アコースティック・ギター・ブック35』(シンコー・ミュージック)に、打田十紀夫「Lonely One」の楽譜&奏法解説が掲載される。
6月 ・アイリッシュ・ユニットROOTS(ギター 天満俊秀&フィドル 平野有希)が、バックインタウンで初の東京ワンマンライヴ開催(ゲスト:打田十紀夫)(ブログ)。
5月 ・島村楽器イオンモール船橋店で「打田十紀夫ライヴ&トーク」を開催。
5月 ・「TABニュース 2012年5月号」発行。
5月 ・「TOKYOハンドクラフトギターフェス2012」にて、打田十紀夫がライヴ開催(提供:プレイヤー誌)(ブログ)。
5月 ・シゲエダユズル氏発行のメールマガジン『Acoustic Guitar World vol.1』に打田十紀夫のインタビューが掲載される。
5月 ・TABサムピックに、赤・黄色・白・シルバー・茶の新色バージョンが加わる。
5月 ・第6回教室内ミニ発表会開催。
4月 ・TAB主催「ウッディ・マン Japan Tour 2012 with 打田十紀夫」を、広島、大阪、名古屋、東京で開催。大阪と東京では、ワークショップも開催。
4月 ・モリダイラ楽器主催「フィンガーピッキング・デイ 2012」に打田十紀夫とTAB主催ツアーで来日のウッディ・マンがゲスト出演。コンテスト部門のTABギタースクール賞は、柳田としやさんが受賞。
4月 ・テレビや雑誌でも大活躍の有名な精神科医の香山リカさんのラジオ新番組『香山リカのココロの美容液』(■NHKラジオ第一、毎週金曜 21:30-21:55)のテーマ曲に、打田十紀夫のオリジナル曲「Lonely One」が使われる。
3月 ・「打田十紀夫〜春のソロツアー2012〜」で、徳島・高知・愛媛・高松・山口・松江(2)・福井・高山を回る(ブログ)。
3月 ・「岡崎倫典&打田十紀夫 ジョイント・ライヴ」を、小倉、福山、豊川で開催(ブログ)。
2月 ・西荻窪「Acoustic Cafe」にて「打田十紀夫/ラグタイム・ギター講座」開催(ブログ)。「ロバート・ジョンソン生誕100周年記念イベント」でお世話になった、米ミシシッピー州グリーンウッド「WABGラジオ」のジェイムス・ポー氏が突然来日。打田のライヴ会場にいきなり登場!
2月 ・「TABニュース 2012年2月号」発行。
2月 ・第11回TABギタースクール生徒発表会開催(場所:M's SPACE)(ブログ)。
2月 ・SITアコースティック・ギター弦“打田十紀夫シグネチャー・セット”のパッケージが新しくなりました。
1月 ・ザ・キャピトルホテル東急で開かれた「ジャイアント馬場さんを偲ぶ会」に、打田十紀夫が出席(ブログ)。
1月 ・第5回教室内ミニ発表会開催。
1月 ・島村楽器の赤羽アピレ店、イオンモール成田店、イオンレイクタウン店、イオン葛西店(ブログ)で「打田十紀夫ライヴ&トーク」を開催。
1月 ・全日本プロレスの渕正信選手の58才の誕生会に打田十紀夫が参加(ブログ)。
1月 ・枚方の名物ブルース・バー、ポパイ商店で、打田十紀夫のライヴとセミナーの2デイズ開催。

平成23年(2011年)
12月 ・「渕正信 vs 打田十紀夫:プロレスとギターのトーク&ライヴ」をバックインタウンで開催(ブログ)。
12月 ・ミュージックランドKEY渋谷店で、打田十紀夫インストア・ライヴ開催。
12月 ・『アコースティック・ギター・ブック34』(シンコー・ミュージック)に、「打田十紀夫 ミシシッピー・デルタへの旅(写真とレポート)」掲載。
12月 ・第4回教室内ミニ発表会開催。
12月 ・打田十紀夫、遅ればせながらtwitter始める(こちら)。
11月 ・第3回教室内ミニ発表会開催。
11月 ・打田十紀夫“レコ発”ソロ・ライヴを、倉敷(ブログ)・諫早(ブログ)・鹿児島(ブログブログ)・宮崎(ブログブログ)で開催。
11月 ・パシフィコ横浜で開催された2011楽器フェアで打田十紀夫がデモ演奏(リットーミュージック・ブース、アコースティック・パーク)(ブログ)。
10月 ・西荻窪「Acoustic Cafe」にて「打田十紀夫/カントリー・ブルース・ギター講座」開催(ブログ)。
10月 ・「TABニュース(2011年10月号)」をライヴ告知のカラーチラシとして発行。
10月 ・米ミシシッピー州グリーンウッドのブルース・ラジオ局「WABG-AM960」に、打田十紀夫が出演・生演奏。また、同地で開催された「ロバート・ジョンソン生誕100周年記念イベント」に、打田十紀夫がゲスト出演(ブログ)。
10月 ・“サウンドメッセ in 大阪 2011”にTABギタースクールが出展。イベントでは「岡崎倫典&打田十紀夫ミニライヴ」も開催。翌日は、吹田「Sann Cafe」にてソロ・ライヴ。(ブログ)。
10月 ・『ラグタイム・ギター』が、新装改訂版としてリットーミュージックより復刊される。
9月 ・打田十紀夫“レコ発”ソロ・ライヴ(東北編)を、八戸(ブログ)・弘前(ブログ)・秋田(ブログ)・酒田(ブログ)・盛岡(ブログ)・村上(ブログブログ)で開催。
9月 ・打田十紀夫“レコ発”ソロ・ライヴ(九州編その1)を、朝倉・大分・高鍋で開催(ブログ)。
9月 ・「岡崎倫典&打田十紀夫 ジョイント・ライヴ」を、東京、三宮、広島で開催(ブログ)。
9月 ・町田「万象房」、静岡「Living Room」、浜松「なんでモール」で“打田十紀夫“自称36才”バースデー・ライヴ”を開催(ブログ)。
9月 ・『“SAKURA”完全コピー楽譜集』が発売になる。
8月 ・「岡崎倫典&打田十紀夫 ジョイント・ライヴ」を、前橋、仙台、いわきで開催(ブログ)。
8月 ・第2回教室内ミニ発表会開催。
7月 ・「岡崎倫典&打田十紀夫 ジョイント・ライヴ」を、越前、富山、新潟、大阪、江南、三島で開催(ブログ)。
7月 ・打田十紀夫“レコ発”ソロ・ライヴ(北海道編)を、旭川・富良野・小樽・札幌・釧路で開催。
7月 ・バックインタウンで打田十紀夫“レコ発”ライヴ開催(ゲスト:南澤大介)。全日本プロレス渕正信さんが応援に駆け付けてくれました!(ブログ
7月 ・打田十紀夫 7th.CD「SAKURA」(TABレーベル)リリース。
6月 ・ブルース・インターアクションズ発行の「ブルース&ソウル・レコーズ」誌 No.100に、打田十紀夫“ルーツから迫る!ロバート・ジョンソン・ギター奏法解説”掲載。
6月 ・毎年1回開催のライヴハウスでの発表会とは別に、教室内でのミニ発表会開催(第1回)。
6月 ・島村楽器のイオンモール神戸北店とあべのキューズモール店で『打田十紀夫 ライヴ&トーク』開催。
5月 ・日進市のトーンウッド・ギター工房で、ニューギャラリー・オープン記念「打田十紀夫ライヴ(ゲスト:天満俊秀)」開催。
5月 ・浅井のぶ「BEYOND30ツアー」大森ライヴに、打田十紀夫がゲスト出演。
4〜5月 ・札幌の島村楽器3店舗(札幌パルコ店、イオン札幌平岡店、札幌ステラプレイス店)で『打田十紀夫 ライヴ&トーク』開催。
4月 ・TABギタースクール20周年記念ライヴ Vol.3「トニー・マクマナス Japan Tour 2011 with 打田十紀夫」を、大阪、名古屋、東京で開催。
4月 ・モリダイラ楽器主催「フィンガーピッキング・デイ 2011」に打田十紀夫とTAB主催ツアーで来日のトニー・マクマナスがゲスト出演。コンテスト部門のTABギタースクール賞は、風流亭六弦じゅんさんが受賞。
3月 ・島村楽器の岡山ロッツ店、広島パルコ店、アミュプラザ博多店で『打田十紀夫 ライヴ&トーク』開催。
2月 ・第十回TABギタースクール生徒発表会開催(場所:36°5)。
2月 ・「TABニュース 2011年2月号」をライヴ告知のカラーチラシとして発行。
2月 ・島村楽器のイオンモール鈴鹿ベルシティ店、ジャスコ四日市尾平店、イオンモール岡崎店で『打田十紀夫 ライヴ&トーク』開催。
1月 ・島村楽器の水戸マイム店、小倉リバーウォーク店、福岡イムズ店で『打田十紀夫 ライヴ&トーク』開催。
1月 ・全日本プロレスの渕正信選手の誕生会に打田十紀夫が参加(ブログ)。
1月 ・TABギタースクール20周年記念ライヴ Vol.2「デヴィッド・レイブマン Japan Tour 2011」を、東京(2回)、名古屋、大阪で開催。

平成22年(2010年)
12月 ・12/29発売の『プレイヤー』誌2011年2月号から、打田十紀夫の連載セミナー「Fingerstyle Tips」掲載開始。
12月 ・島村楽器のイオン浜松市野店と静岡パルコ店で『打田十紀夫 ライヴ&トーク』開催(ブログ)。
12月 ・『アコースティック・ギター・ブック32』(シンコー・ミュージック)に、「打田十紀夫 2年ぶりのアメリカ・ツアー(日記&写真)」掲載。付属DVDでは、驚きの折りたたみギター「Voyage-air Guitar」の打田によるデモ・パフォーマンスが収録される。
12月 ・TABギタースクール20周年記念ライヴ Vol.1「ミッシェル・オーモン Live in Japan 2010」を、東京曙橋のバックインタウンで開催(ブログ)。
11月 ・打田十紀夫“東北ツアー2010”ツアーで、新潟・酒田・宮古・弘前・仙台を回る。
11月 ・島村楽器・新所沢パルコ店で『打田十紀夫 ライヴ&トーク』開催。静岡「LIVING ROOM」で打田十紀夫初ライヴ(ブログ)。
11月 ・TABの女将さんがツイッターを始める(ここ)。
11月 ・打田十紀夫ソロ・ライヴを村上(ブログ)、長野(ブログ)で開催。行きの新幹線の中で、大好きなプロレスラー渕正信と遭遇!
10月 ・「岡崎倫典&打田十紀夫 ジョイント・ライヴ」を、朝倉、大阪、名古屋、三島で開催(ブログ)。
10月 ・打田十紀夫、2年ぶりのアメリカ・ツアー。ステファン・グロスマンとのコンビで、ライヴやワークショップを何ヶ所かで開催。
10月 ・「TABニュース 2010年10月号」をライヴ告知のカラーチラシとして発行。
9月 ・“サウンドメッセ in 大阪 2010”にTABギタースクールが出店。イベントでは「打田十紀夫ミニライヴ」も開催(ブログ)。
9月 ・打田十紀夫“九州ソロライヴ2010+広島”ツアーで、大分・高鍋・宮崎・鹿児島・小倉・博多・諫早・広島を回る。
9月 ・読売テレビ『遠くへ行きたい』(9/26放送分)のヨコヤマギター紹介コーナーのBGMに、打田十紀夫の「ダニーボーイ」(CD『Acoustic Delights』)が使われる。
9月 ・新宿SACTで「岡崎倫典&打田十紀夫 ジョイント・ライヴ」開催(ブログ)。
9月 ・町田・万象房と幡ヶ谷・36°5で“打田十紀夫バースデー・ライヴ”を開催(ブログ)。
8月 ・米ミシシッピーのブルース・ラジオ局WABG-AM960で、ギターを弾きながらの打田十紀夫英語インタビューが再放送。
8月 ・島村楽器・大宮ロフト店で『打田十紀夫 ライヴ&トーク』開催。
8月 ・Brown GuitarsのOMスタジオにて、National & モリダイラ楽器プレゼンツ『打田十紀夫 スライドギター・クリニック』開催(ブログ)。
7〜8月 ・“北海道ソロライヴ・ツアー2010”で、打田十紀夫が旭川・富良野・札幌(2会場)・小樽を回る(ブログ)。
7月 ・島村楽器・プレ葉ウォーク浜北店、モレラ岐阜店で『打田十紀夫 ライヴ&トーク』開催。
7月 ・「横山ギター工房探索&長野観光ツアー」開催。
7月 ・Leaping Brain社の運営サイトにて、Stefan Grossman's Guitar Workshopの教則DVDのデジタル・ダウンロード販売を開始(詳しくはこちら)。
6月 ・「岡崎倫典&打田十紀夫 ジョイント・ライヴ」を、前橋、仙台、いわきで開催(ブログ)。
6月 ・TAB主催「ダック・ベイカー Japan Tour 2010」を、東京(2回)、名古屋、大阪で開催。プレイヤー誌の携帯サイト『プレイヤー・ギター・ラブ』に「バックインタウン」で開催されたライヴ(2010/6/17)のライヴ・レポートが掲載される。
6月 ・米ミシシッピーのブルース・ラジオ局WABG-AM960に、打田十紀夫がインタビュー出演(なんと英語で!)。インタビュアーは、T(ティー)こと、友ちゃん。
5月 ・SITアコースティック・ギター弦“打田十紀夫シグネチャー・セット”にRoyal Bronzeバージョンが仲間入り。
5月 ・「打田十紀夫ホームページ」のURLを変更。十紀夫語録がブログ化。
5月 ・島村楽器奈良店・名古屋パルコ店で「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
5月 ・「TABニュース 2010年5月号」発行。
4月 ・天満俊秀ライヴ in 36°5 に打田十紀夫がゲスト出演(写真はこちら)。
4月 ・SITアコースティック・ギター弦“打田十紀夫シグネチャー・セット”にGolden Bronzeバージョンが仲間入り。
4月 ・モリダイラ楽器主催「フィンガーピッキング・デイ 2010」に打田十紀夫ゲスト出演(写真はこちら)。コンテスト部門のTABギタースクール賞は、okayanさんが受賞。
3月 ・CD付き教則本『プレイ・オープン・チューニング・ギター』(中央アート出版社)がまた再版になる。これもかなりのロングセラー(初版は1994年)。
3月 ・“カントリー・ブルース・ギター復刊記念”打田十紀夫 2010春のソロライヴ・ツアーで、福山徳島高知・米子・倉敷・奈良・高山を回る。
3月 ・ダコタ・デイヴ・ハル初来日ライヴ(ゲスト:打田十紀夫、浜田隆史)をバックインタウンで開催。
2月 ・『カントリー・ブルース・ギター』復刊記念「打田十紀夫 ライヴ&トーク」を島村楽器イオンモール日の出店、ロックイン渋谷店で開催(写真はこちら)。
2月 ・『カントリー・ブルース・ギター』が、新装改訂版としてリットーミュージックより復刊される。
2月 ・TAB主催「有田純弘&打田十紀夫 ジョイント・ライヴ」を、三島、大阪、名古屋、東京(2会場)で開催。プレイヤー誌の携帯サイト『プレイヤー・ギター・ラブ』に「中目黒・楽屋」で開催された最終ライヴ(2010/2/14)のライヴ・レポートが掲載される。
1月 ・第九回TABギタースクール生徒発表会開催(場所:36°5)。
1月 ・ZOOM Q3スペシャル・サイトに、Q3で撮った打田十紀夫のデモ映像がアップされる(こちら)。
1月 ・『アコースティック・ギター・マガジン43』(リットーミュージック)に「ダイアグラム中心にかんたんマスター! 弾けるカントリー・ブルース」を打田十紀夫が掲載(デモ演奏CD収録)。
1月 ・「TABニュース 2010年1月号」発行。

平成21年(2009年)
12月 ・SITアコースティック・ギター弦“打田十紀夫シグネチャー・セット(Phosphor Bronzeバージョン)”発売。
12月 ・打田十紀夫“Blues, Rags, Celtic & Beyond”ツアーで、前橋・新潟・金沢・飯田・甲府を回る(写真はこちら)。
12月 ・『プレイヤー』誌 2010年1月号に、『Stefan Grossman Japan Tour 2009 with Tokio Uchida』のライヴ・レポート(2009/11/11にBack In Townで開催のライヴ)が掲載される。
11月 ・ステファン・グロスマン Japan Tour 2009を、東京(2回)、大阪、広島、大分、名古屋、静岡、長野で開催。
11月 ・パシフィコ横浜で開催された楽器フェア2009のモーリス・ギター・ブースにて、打田十紀夫がデモ演奏。
10月 ・ブルース・インターアクションズ発行の「ブルース&ソウル・レコーズ」誌 No.90に、打田十紀夫“カントリー・ブルース・ギター誌上講座”掲載。
10月 ・東浦和の宮内家で打田十紀夫ソロライヴ開催。
10月 ・打田十紀夫 東北ソロライヴ・ツアー2009で、仙台・八戸・弘前・秋田・村上を回る(写真はこちら)。
9月 ・新宿SACTで「岡崎倫典&打田十紀夫 ジョイント・ライヴ」開催。
9月 ・「TABニュース 2009年9月号」発行。
8月 ・11月のStefan Grossman来日ツアーを記念してオリジナルTシャツを発売(詳細はこちら)。
8月 ・つくばのEAST OF EDENと九十九里のシーブリーズで、打田十紀夫ライヴを開催(写真はこちら)。
8月 ・大阪枚方市のポパイ商店で、打田十紀夫シークレット・ライヴを開催。
7月 ・『アコースティック・ギター・マガジン41』(リットーミュージック)に、TAB主催ライヴで来日したボブ・ブロズマンの記事が連載される。
7月 ・打田十紀夫“九州ツアー Part2”で、熊本・佐賀・諫早・博多・直方を回る。
6月 ・『月刊情報タウンみやざき』に打田十紀夫インタビューが掲載される。
6月 ・『アコースティック・ギター・ブック29』(シンコー・ミュージック)に、TAB主催ライヴで来日したボブ・ブロズマン(2009年4月)とウッディ・マン(2008年12月)のインタビューが掲載される。
6月 ・“打田十紀夫 with Nacomi” ライヴ・ツアーを名古屋・幡ヶ谷・町田で開催(写真はこちら)。
6月 ・Internet放送局“北九州テレビ”に「ボブ・ブロズマン北九州公演」の様子がレポートされる。
6月 ・リットーミュージックの音楽レッスン検索サイト「ミュウスクレッスン」に、打田十紀夫のインタビューが掲載される。
6月 ・TABネットショップ、商品代3,000円以上の注文で送料無料になる。
6月 ・島村楽器イオンモール倉敷店・イオンモール広島祗園店で「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
6月 ・大阪のSann Cafeにおいて、art pointの企画で、打田十紀夫“Ragtime Blues Guitar セミナー”と“Sann Cafe5周年記念ライヴ”を2デイズで開催。
6月 ・『プレイヤー』誌 2009年7月号に、『Bob Brozman Japan Tour 2009』ツアーのライヴ・レポート(2009/4/24にStar Pine's Cafeで開催のライヴ)が掲載される。
5月 ・打田十紀夫“九州ソロライヴ・ツアー 2009”で、鹿児島・宮崎・高鍋・大分を回る(写真はこちら)。
5月 ・福岡のRKB毎日放送で、新日鐵八幡製鉄所協賛による「ボブ・ブロズマン北九州公演」の様子がレポートされる。
4月 ・ボブ・ブロズマン Japan Tour 2009を、東京、福岡、北九州、大阪、名古屋、東京で開催。ナショナル・リゾネーター・ギター社のドン・ヤング氏も来日。
4月 ・モリダイラ楽器主催「フィンガーピッキング・デイ 2009」に打田十紀夫とTABツアーで来日のボブ・ブロズマンがゲスト出演。コンテスト部門のTABギタースクール賞は、千葉英樹さんが受賞。
3月 ・打田十紀夫“春のソロライヴ・ツアー2009”で、奈良・福山・山口・米子・鳥取・福井・四日市・高山を回る(写真はこちら)。
3月 ・打田十紀夫の新作教則DVD『まるごと1本!ボトルネック・スライド・ギター』(リットーミュージック)が発売。
2月 ・第八回TABギタースクール生徒発表会開催(場所:36°5)。
2月 ・「TABニュース 2009年2月号」発行。
2月 ・島村楽器イオン日吉津店・岡山ロッツ店で「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
1月 ・島村楽器モラージュ菖蒲店・イオンモール福岡ルクル店・イオンモール宮崎店・イオンモールミエル都城駅前店で「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
1月 ・『プレイヤー』誌2009年2月号に、ウッディ・マン&打田十紀夫「Acoustic, Blues & Beyond」ツアー(ゲスト:岡崎倫典)のライヴ・レポート(2008/12/5に横浜サムズアップで開催のライヴ)が掲載される。
1月 ・ステファン・グロスマンの教則DVD『Folk Blues for Fingerstyle Guitar』で、打田十紀夫アレンジの「St. Louis Blues」が取り上げられる。

平成20年(2008年)
12月 ・インターネットラジオ「OTONaMazu」の「CatfishBlues」(パーソナリティ:NACOMI)に打田十紀夫がインタビュー出演。
12月 ・「Acoustic, Blues & Beyond」ツアー(出演:ウッディ・マン&打田十紀夫)を、横浜、静岡、大阪(2回)、広島、名古屋、東京(2回)で開催。初日と最終日に岡崎倫典氏が特別ゲストで出演。
11月 ・新潟市に新しくオープンした「Capotast」で初の打田十紀夫ライヴ開催(高崎・新潟ツアーの写真はこちら)。
11月 ・島村楽器ビブレ三宮店・イオン綾川店・エミフルMASAKI店・イオンモール高崎店・新潟ビルボードプレイス店で「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
10月 ・各地の島村楽器スタジオで、『フィンガーピッキング・ギター必修テクニック』発売記念「打田十紀夫ライヴ&トーク」がスタート。10月は、イオン浜松市野店・イオンモール鈴鹿ベルシティ店で開催。
10月 ・打田十紀夫のCDレッスン楽譜集『フィンガーピッキング・ギター必修テクニック』(TABレーベル)が発売。
10月 ・第二次“欧米ツアー凱旋”打田十紀夫ソロライヴ・ツアーで、旭川・鶴居村・釧路・札幌・小樽・八戸(写真)・村上(写真)・秋田(写真)・仙台(写真) を回る。
9月 ・第一次“欧米ツアー凱旋”打田十紀夫ソロライヴ・ツアーで、東京・三島・名古屋・金沢・長岡・長野を回る(長野ライヴ&ワークショップの写真はこちら)。
9月 ・「TABニュース 2008年9月号」発行。
9月 ・大阪府吹田のSann Cafeにて『打田十紀夫“50の大台突入”バースデー・ライヴ』開催。
8月 ・フックアップ・プレゼンツ『打田十紀夫 アミスター・ブルース・ライヴ』が駒込メアンドロスで開催される。
8月 ・南澤大介「Eleven Small Rubbishes」がCD付き楽譜集として改訂される。
8月 ・島村楽器イオン大日店、イオンモールりんくう泉南店で「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
8月 ・打田十紀夫のCDレッスン楽譜集『フィンガーピッキング・ブルース・ギター』(TABレーベル)が再版になる。
7月 ・トニー・マクマナス Japan Tour 2008を、東京(2回)、横浜、大阪、名古屋で開催。
7月 ・島村楽器小倉店、イオンモール直方店で「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
6月 ・ステファン・グロスマンのデュオの名演を集めたCD『Stefan Grossman / Friends Forever』(米国リリース)に、ジョン・レンボーン、ラリー・コリエル、ロリー・ブロックらの名手と並んで、打田十紀夫とのデュオが2曲収録される。
6月 ・斎藤誠氏がホストを務める『マーティン・ギター・コンサート』(京都:ART COMPLEX 1928)に打田十紀夫がゲスト出演(写真はこちら)。
6月 ・TABギタースクール生徒Hさん、アメリカ南部“ブルース旅行”(ステファン・グロスマンも絶賛した、“リアル・ブルース”写真はこちら)。
5〜6月 ・打田十紀夫、欧米ツアー開催。アメリカでは4会場でステファン・グロスマンとのジョイント・ライヴ、フランスではパリでミッシェル・オーモン主催ライヴにゲスト出演、マルセイユでソロ・コンサートとギター・クリニック開催(ツアー中の写真はこちら)。
5月 ・two-five印西ビッグホップ店で「打田十紀夫 AMISTARブルースLive&クリニック」開催。
4月 ・打田十紀夫“九州ソロライヴ・ツアー2008”で、宮崎・鹿児島・久留米・佐賀・諫早・博多・小倉・天瀬・大分を回る(スナップ写真はこちら)。
4月 ・「TABニュース 2008年4月号」発行。
4月 ・モリダイラ楽器主催「フィンガーピッキング・デイ 2008」に打田十紀夫ゲスト出演(写真はこちら)。コンテスト部門のTABギタースクール賞は、西村歩さんが受賞。
3月 ・打田十紀夫“東京・関西・中国地方”ソロライヴ・ツアーで、東京・奈良・神戸(w/Nacomi)・尾道・山口・広島・大阪(ザ・ギター・フェスティバル)・滋賀(w/天満俊秀)を回る(写真はこちら)。
3月 ・14年前に注文していたフランクリン・ギターが打田の元へ届く。
2月 ・Car-Den バレンタイン・コンサート開催(出演:打田十紀夫、ゲスト:天満俊秀)。
2月 ・第七回TABギタースクール生徒発表会開催(場所:Aspia Hall)。
2月 ・「TABニュース 2008年2月号」発行。
1月 ・『アコースティック・ギター・マガジン35』(リットーミュージック)に、ステファン・グロスマン&打田十紀夫『Bermuda Triangle Exit』ツアーのライヴ・レポート(2007/10/30にThumbs Upで開催のライヴ)が掲載される。
1月 ・YouTubeにTABギタースクールのチャンネル開設、動画を何点かアップ(こちらへ)。

平成19年(2007年)
12月 ・打田十紀夫の新作教則DVD『DVD版 なんちゃってアコースティック・ブルース』(リットーミュージック)が発売。
12月 ・『アコースティック・ギター・ブック26』(シンコー・ミュージック)に、TAB主催ライヴで来日したステファン・グロスマンのインタビュー掲載。
12月 ・島村楽器ららぽーと横浜店で「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
12月 ・『プレイヤー』2008年1月号(プレイヤー・コーポレーション)に、ステファン・グロスマン&打田十紀夫『Bermuda Triangle Exit』ツアーのライヴ・レポート(10/28にStar Pine's Cafeで開催したライヴ)が掲載される。
11月 ・大阪のart point music schoolにて打田十紀夫ギター・クリニックを二日にわたって開催。
11月 ・打田十紀夫監修のもと、理想のボトルネック・スライド・バー「ジャイアント・ボーン・バー」(磁器製、専用ケース付き)新発売(製作・発売元:新上)。
11月 ・パシフィコ横浜で開催された楽器フェア2007のモーリス・ギター・ブースにて、打田十紀夫がデモ演奏。
10月 ・『熱血!アコギ塾 フィンガー・ピッキング編』(シンコーミュージック)に「打田十紀夫のフィンガースタイル・ブルース・ギター講座」を掲載。
10月 ・ステファン・グロスマン&打田十紀夫『Bermuda Triangle Exit』発売記念ツアーを東京(ライヴ2会場、クリニック1会場)・札幌・名古屋・大阪・横浜で開催。
10月 ・打田十紀夫『ラグタイム・ギター』(リットーミュージック)がDVD版で発売。
10月 ・『アコースティック・ギター・マガジン34』(リットーミュージック)の“The Fingerstylist”コーナーに天満俊秀のインタビューと楽譜(音源も収録)が掲載される。
10月 ・滋賀の観峯館“欧米展〜魅惑のミュージックボックス〜”のイベント・シリーズで、打田十紀夫ソロライヴ開催(写真はこちら)。
9月 ・打田十紀夫ソロライヴ・ツアーで、宇都宮・福島・仙台・秋田・村上・長岡・金沢・長野を回る(写真はこちら)。
8月 ・天満俊秀、初の東京ソロライヴ・ツアー(町田万象房、ギタープラネット、国分寺クラスタ)(天満俊秀ホームページに写真掲載→こちら)。
8月 ・ステファン・グロスマンと打田十紀夫の初のデュエットCD『Bermuda Triangle Exit』発売(TABレーベル…海外リリース、輸入盤国内仕様で流通)。
7月 ・愛知県日進市で開催されたToneWood主催“クレセントムーン・ギター所有者の集い”に打田十紀夫がゲスト出演(写真はこちら)。
7月 ・「TABニュース 2007/Aug.」発行。
7月 ・『アコースティック・ギター・ブック25』(シンコー・ミュージック)に、ステファン・グロスマンとのレコーディングに関しての打田十紀夫のインタビュー掲載。また、ケルティック・ミュージックにまつわる天満俊秀のインタビューも掲載。
7月 ・CD付き教則本『プレイ・オープン・チューニング・ギター』(中央アート出版社)再版。
6月 ・TAB主催「岡崎倫典&打田十紀夫 ジョイント・ライヴ」を、横浜、静岡、大阪、名古屋、東京で開催。
5月 ・打田十紀夫“九州ソロライヴ・ツアー2007”で、大分・天瀬・宮崎・鹿児島・熊本・諫早・博多・小倉を回る。大分では、西別府病院でのボランティア・ライヴも開催。また諫早では、FM諫早にも生出演。(写真はこちら
4月 ・「TABニュース 2007/Apr.」発行。
4月 ・モリダイラ楽器主催「フィンガーピッキング・デイ 2007」に打田十紀夫ゲスト出演。コンテスト部門のTABギタースクール賞は、外山誠二さんが受賞。
3月 ・打田十紀夫ソロライヴ・ツアー(ゲスト:天満俊秀)で、東京・名古屋・大阪・奈良・広島・徳島・和歌山を回る(写真はこちら)。
3月 ・天満俊秀インストア・ライヴをイシバシ楽器新宿店、梅田店で開催。
1月 ・TABギタースクール15周年 Vol.4“ピエール・ベンスーザン Live In Japan 2007”を、東京(3回)、大阪、名古屋で開催。
1月 ・「TABニュース 2007/Jan. ライヴ番外号」発行。
1月 ・天満俊秀 ソロCD『South Wind 〜Celtic Guitar Collection〜』(TABレーベル)をリリース。
1月 ・打田十紀夫、米ニュージャージーのスタジオでステファン・グロスマンとのデュエットCDを録音(写真はこちら)。

平成18年(2006年)
12月 ・第六回TABギタースクール生徒発表会開催(場所:Club Heavy Sick)。
12月 ・『プレイヤー』誌2007年1月号(プレイヤー・コーポレーション)に、TAB15周年記念ライヴで来日したボブ・ブロズマンのインタビュー掲載。
11月 ・「TABニュース 2006/Nov.」発行。
11月 ・島村楽器札幌ステラプレイス店、札幌平岡イオン店で「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
10月 ・ラジオ関西「Blues Night」にボブ・ブロズマンと打田十紀夫がゲスト出演。
10月 ・TABギタースクール15周年 Vol.3“ボブ・ブロズマン&打田十紀夫”ライヴ・ツアーを、東京(2回)、つくば、静岡、広島、倉敷、大阪、名古屋で開催。池袋サンシャインで開催された楽器フェスティバルでもデモ演奏。
9月 ・島村楽器津田沼パルコ店、秋田フォーラス店、秋田イオン店で「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
8月 ・島村楽器久留米ゆめタウン店と佐世保フレスタ店で「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
8月 ・フラワーラジオ・さくまひできの 「クマクマパラダイス」に打田がゲスト出演
8月 ・島村楽器千葉ニュータウン店と太田イオン店で「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
8月 ・TABネットショップに登録してある全商品のデータが消失するトラブル発生。
8月 ・TAB15周年記念番外編“TAB祭り”を吉祥寺スターパインズ・カフェで開催。出演は、打田十紀夫、AKI、南澤大介、ROOTS、風りん(写真はこちら)。
7月 ・島村楽器モレラ岐阜店と京都カナート洛北店で「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
7月 ・『アコースティック・ギター・マガジン29』(リットーミュージック)に、ステファン・グロスマンと打田十紀夫の対談掲載。
7月 ・「TABニュース 2006/July」発行。
7月 ・“北海道・東北ソロライヴ・ツアー2006”で、打田十紀夫が旭川・富良野・札幌(2会場)・小樽・函館・釧路・八戸・仙台を回る。
7月 ・『“ワン・カインド・フェイヴァー”完全コピー楽譜集』が発売になる。
6月 ・『アコースティック・ギター・ブック23』(シンコー・ミュージック)に、TABライヴで来日したステファン・グロスマンのインタビュー掲載。また、新CD「One Kind Favor」リリースに関しての打田十紀夫のインタビューも掲載。
6月 ・『blues & soul records』誌 No.69(ブルース・インターアクションズ)の新譜紹介で「One Kind Favor」が紹介される。
6月 ・島村楽器奈良イトーヨーカドー店と泉南イオン店で「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
6月 ・『一五一会スコア・マガジン vol.6 [夏号]』(ドレミ楽譜出版)に打田のインタビューが掲載される。
6月 ・打田十紀夫、痛風を病む! ツアー先での暴飲暴食のツケが…。
6月 ・豊川のKAPPA(初の"お座敷"ライヴ!)、枚方のポパイ商店で「打田十紀夫ライヴ」を開催。
5月 ・『ギター・マガジン』誌6月号(リットーミュージック)の新譜紹介で「One Kind Favor」が紹介される。
5月 ・『プレイヤー』誌6月号(プレイヤー・コーポレーション)で「One Kind Favor」が紹介される。
5月 ・打田十紀夫“九州ソロライヴ・ツアー2006”で、鹿児島・宮崎・小倉・博多・長崎・熊本(写真1写真2)・天瀬・大分を回る。
4月 ・ブルース・インターアクションズ発行の「blues & soul records」誌 No.69に、“打田十紀夫誌上特別講座サン・ハウスのギター奏法”掲載。インタビュー形式で、サン・ハウス、ブッカ・ホワイトなどのデルタ・ブルース奏法を熱く語る。
4月 ・TABギタースクール15周年 Vol.2“ステファン・グロスマン&打田十紀夫”ライヴ・ツアーを、東京(3回)、京都、名古屋で開催。
4月 ・ジョン・レンボーンのホームページに、日本ツアーで打田とデュエット演奏している写真がアップされる。
4月 ・モリダイラ楽器主催「フィンガーピッキング・デイ 2006」に打田十紀夫ゲスト出演。コンテスト部門のTABギタースクール賞は、田辺博信さんが受賞。
4月 ・打田十紀夫 5th.CD「One Kind Favor」(TABレーベル)リリース。
4月 ・インターネットTV『あっ!とおどろく放送局』“長男ジャーナル”(司会:風りん&作曲家 上田益)に、打田十紀夫がゲスト出演。
3月 ・大阪南堀江のフィドル倶楽部で、WAVER主催『打田十紀夫ギター・クリニック&ミニ・ライヴ』開催。
3月 ・斎藤誠氏がホストを務める『Martin Club コンサート』(東京:SHIBUYA-AX、大阪:T・Bホール)に、ムッシュかまやつ氏、徳武弘文氏、岡崎倫典氏と共に、打田十紀夫がゲスト出演。
3月 ・『Martin Club Japan News Letter』(2006 Spring Vol.36)に“リバースツアー”参加ゲストのひとりとして打田十紀夫が紹介される。
3月 ・『プレイヤー』誌(4月号)に、“ジョン・レンボーン、ウッディ・マン、打田十紀夫”の対談が掲載される。写真もカラーで大きくドカンと!
2月 ・「TABニュース 2006/Feb.」発行。
1月 ・『ストレンジ・デイズ』誌(3月号)に、TABライヴで来日したジョン・レンボーンのインタビューとライヴ・レポートが掲載される。
1月 ・島村楽器宇都宮パルコ店で「打田十紀夫ライヴ&セミナー」開催。
1月 ・宇都宮メロディハウスにて“打田十紀夫&小川倫生”ジョイント・ライヴ開催。
1月 ・打田十紀夫「すぐ弾けるカントリー・ブルース・ギター」(リットーミュージック)がDVD版で発売。
1月 ・月刊『邦楽ジャーナル』1月号に、ジョン・レンボーン、ウッディ・マン、打田十紀夫がツアー終了後に和楽器のコンサートを鑑賞したときの模様がレポートされる。

平成17年(2005年)
12月 ・島村楽器川崎ルフロン店で「打田十紀夫ライヴ&セミナー」開催。
12月 ・第五回TABギタースクール生徒発表会開催(ダイジェスト写真はこちら)。
12月 ・高峰楽器“第六回ふれあいコンサート”に打田十紀夫が出演。
11〜12月 ・TABギタースクール15周年 Vol.1“ジョン・レンボーン&ウッディ・マン with 打田十紀夫”ライヴ・ツアーを、東京(3回)、横浜、大阪、名古屋で開催。
11月 ・インターネットTV『あっ!とおどろく放送局』“長男ジャーナル”(司会:風りん)に、打田十紀夫がゲスト出演(写真はこちら)。
11月 ・2005楽器フェア内プレミアム・ギター・ショーのコーナーに、TABギタースクールが出展(HOOKUPブースにて)。開催中、打田十紀夫がモーリス・ギター、アミスター・ギターのデモ演奏を行う(写真はこちら)。
10月 ・ToneWood主催“Chicagoギター発表記念”打田十紀夫ソロライヴを愛知県日進市の野方三ツ池公園交流会館で開催(写真はこちら)。
10月 ・打田十紀夫“関西ソロライヴ・ツアー”で、四日市(写真はこちら)・奈良(写真はこちら)・大阪(写真はこちら)・和歌山を回る。四日市ではケーブルTV・CTYの『サウンド・ビュー』に出演(放送は11/1〜11/15)。
10月 ・ヨーロッパのリゾネーター・プレイヤーを集めたCD「RESOPHONIC PLAYERS OF EUROPE 2005」(WRA)に、ボーナス・トラックとして打田十紀夫が収録される。
9月 ・「TABニュース 2005/Sept.」発行。
8月 ・代官山「フーチークーチー」開店10周年記念ライヴに、打田十紀夫出演。ゲストに元グラウンド・ナッツ(伝説のイカ天バンド)のナベタケンが出演(写真はこちら)。
8月 ・荻窪「ルースター」にて、“打田十紀夫 vs 丸山ももたろう”ライヴ開催(写真はこちら)。
7月 ・お茶の水カワセ楽器で「打田十紀夫インストア・ライヴ」を開催(写真はこちら)。
7月 ・12日間連続ライヴの“北海道・東北・北関東ソロライヴ・ツアー”で、打田十紀夫が旭川・小樽・札幌(2会場)・函館・弘前・八戸(写真はこちら)・仙台(写真はこちら)・福島・水戸(写真はこちら)・宇都宮(写真はこちら)・上福岡をギター4本担いで回る(その壮絶なツアー姿の写真はこちら)。
6月 ・茨城県情報ネットワークマガジン『いーじーぷれす』(2005年7月号)に打田十紀夫のインタビューが掲載されました(写真はこちら)。
6月 ・斎藤誠氏がホストを務める『マーティン・ギター・コンサート』に打田十紀夫がゲスト出演(写真はこちら)。
6月 ・尺八奏者 小林純氏の『Duo Live Vol.2』に打田十紀夫がゲスト出演(写真はこちら)。
6月 ・南澤大介の新録ソロ・ギターCD「Milestone」(BSV/TABレーベル)リリース。
5月 ・“TABスペシャル”サムピックに、ピック部が黒、ベルト部が半透明の新バージョンが加わる。
4月 ・FM福岡『SHIMAMURA MUSIC PRESENTS オンガクらぶ』に打田十紀夫出演。
4月 ・大分OBSラジオ『ちょるちょるワイド』に打田十紀夫が生出演。
4月 ・打田十紀夫“春のソロライヴ・ツアー2005”で、名古屋・大阪・博多・小倉・天瀬・大分(写真はこちら)・長崎・熊本・鹿児島・宮崎(写真はこちら)を回る。
4月 ・吉祥寺“マンダラ2”にて「ミュリエル・アンダーソン&打田十紀夫 ジョイント・ライヴ」開催(写真はこちら)。
4月 ・モリダイラ楽器主催「フィンガーピッキング・デイ 2005」に打田十紀夫ゲスト出演。コンテスト部門のTABギタースクール賞は、山本泰生さんが受賞。
4月 ・中国広州へ遠征、ライヴ&セミナー開催(写真はこちら)。
3月 ・「TABニュース 2005/March」発行。
3月 ・以前ナツメ社から出版されていた打田十紀夫のCD付教則本『CDでマスターするフォーク・ギター』をTABギタースクールから再版。
2月 ・島村楽器宇都宮パルコ店で「打田十紀夫ライヴ&セミナー」開催。夜は、ライヴハウス“ケント”で開催された「アコースティックパラダイス北関東大会」にてゲスト演奏。
1月 ・向ヶ丘遊園「IMU」にて「打田十紀夫ソロ・ライヴ」開催(写真はこちら)。
1月 ・荻窪「ルースター」にて、“打田十紀夫 vs ももかん”ライヴ開催(写真はこちら)。
1月 ・福山の松永ロータリークラブ新年会で打田十紀夫ゲスト演奏。

平成16年(2004年)
12月 ・島村楽器南船橋ビビットスクエア店、川崎ルフロン店で「打田十紀夫ライヴ&セミナー」開催(写真はこちら)。
12月 ・XVD PIVOTの音楽情報サイト『ピボット ライヴステージステーション』に、打田のインタビューが掲載される。
12月 ・第四回TABギタースクール生徒発表会開催(ダイジェスト写真はこちら)。
12月 ・長い歴史を誇る文祥堂フォーラムの第231回山下浩司氏の講演で、打田十紀夫ゲスト演奏。
12月 ・『アコースティック・ギター・ブック20』(シンコーミュージック・ムック)に「打田十紀夫のアコースティック・ブルース・ギター教室」掲載(デモ演奏CD収録)。
12月 ・曙橋「バックインタウン」にて、打田十紀夫&浜田隆史“ブルース&ラグタイム”ジョイント・ライヴ開催。
11月 ・打田十紀夫“2004秋のソロ・ツアー”で、豊川・倉敷・宇部・東広島・福山・静岡を回る(福山ライヴの写真はこちら)。
11月 ・「TABニュース 2004/Nov.」発行。
10月 ・『アコースティック・ギター・マガジン22』(リットーミュージック)に「帰ってきた“ブルース・ギターの常套句 生!”」掲載。
10月 ・名古屋のFMラジオ局 ZIP-FM(77.8MHz)でオンエアされている「Shimamura Music Presents / Beat Goes On」(毎週木曜日 20:15〜20:45)の中のヒストリー・ギターのCMで、打田十紀夫のギター演奏が使われる。曲は、ラグ調の未発表オリジナル・インスト「Island Village」。
10月 ・打田十紀夫・教則DVD『ブルース・ギターの常套句 生!2』(リットーミュージック)発売。
10月 ・2004大楽器祭にTABギタースクールが初出展(写真はこちら)。
9月 ・TABと中林貿易の共同企画で「エリック・ルゴッシュ&打田十紀夫 =Blues & Ragtime アコースティック・ライヴ=」を横浜、名古屋、大阪、京都、東京で開催。
8月 ・「TABニュース 2004/Sept.」発行。
8月 ・代官山のブルース・ライヴ・ハウス「フーチークーチー」開店9周年記念ライヴに、打田十紀夫出演(写真はこちら)。
8月 ・TABアコギスタンド・スーパーミニ、発売になりました。
8月 ・曙橋「バックインタウン」にて、“打田十紀夫と7本のギター Part 2”ライヴ開催(写真はこちら)。
7月 ・(株)ヴェルデックスの新スタジオ竣工記念パーティで、打田十紀夫演奏。指板に打田のサインが入ったShiozakiギターを使用。
6月 ・『ギター倶楽部 Vol.7』(ヤマハ・ミュージック・メディア)で「打田十紀夫厳選 フィンガーピッキングがわかるアルバム12枚」に打田が登場。
6月 ・島村楽器横浜店、鈴鹿店で「打田十紀夫ライヴ&セミナー」開催。
6月 ・「TAB通販カタログ Vol.23」&「TABニュース 2004/June」発行。
5〜6月 ・中国の北京で開催された楽器ショー“Calm Expo 2004”で、打田十紀夫がタカミネ・ギターのデモ演奏(写真はこちら)。
5月 ・長野県佐久町のACOUSTICのライヴ・スペースにて「打田十紀夫ソロ・ライヴ」開催(写真はこちら)。
4月 ・打田十紀夫“九州ツアー”で、大分・小倉・博多・長崎・佐世保・久留米・熊本・宮崎を回る(宮崎ライヴの写真はこちら)。
4月 ・打田十紀夫“大分ライヴ”に向け、大分のOBSラジオの番組で電話インタビューを受ける。
4月 ・モリダイラ楽器主催「フィンガーピッキング・デイ 2004」に打田十紀夫ゲスト出演。コンテスト部門のTABギタースクール賞は、伊藤賢一さんが受賞。
4月 ・TABレーベルDVD第一弾『打田十紀夫/ブルースでヒーリング 〜フィンガースタイル・ギター・セレクション〜』発売。
4月 ・新発想のサムピック『TABスペシャル』正式発売。
3月 ・シンコーミュージック・ムック『ブルース・ギター・ブック』に、打田十紀夫のインタビュー掲載。他に、フィンガーピッキング・ブルースの講座やスライド・バー検証、そして今まで頑なに拒んできた試奏レポートも初めて担当。
3月 ・TABと中林貿易の共同企画で「ダック・ベイカー&打田十紀夫 =アメリカン・フィンガースタイル・ギター・ライヴ=」を大阪、名古屋、東京、金沢、長野、浜松で開催。各会場でTABスペシャル・サムピックを先行発売。
1月 ・『アコースティック・ギター・マガジン19』(リットーミュージック)に、TABライヴで来日したウッディ・マンの「直伝セミナー」掲載(CDに音源収録)。
1月 ・Go!Go!GUITAR増刊『くつろぎのソロ・ギター』(ヤマハミュージックメディア)に、打田十紀夫のインタビュー掲載。カラーページで写真も今までにないどアップ!
1月 ・千葉県新柏のキッチンパタータにて、戦うオヤジの応援団主催「打田十紀夫ソロ・ライヴ」を開催。
1月 ・お茶の水カワセ楽器で13年振りの「打田十紀夫インストア・ライヴ」を開催(写真はこちら)。
1月 ・「TABニュース 2004/Jan.」発行。

平成15年(2003年)
12月 ・第三回TABギタースクール生徒発表会開催(ダイジェスト写真はこちら)。
12月 ・打田十紀夫ソロ・ツアーで、静岡(VELVETSOUND)、豊川(KAPPA)、高槻(w/南澤大介・井上楽器主催)、倉敷(音楽舘)を回る。
11月 ・TAB主催「ウッディ・マン&打田十紀夫 =アコースティック・ブルース・ライヴ=」を横浜、大阪、名古屋、東京で開催。
11月 ・東京お茶の水イシバシ楽器新店Book Sideにて、『フィンガーピッキング・ブルース・ギター』発売記念「打田十紀夫ライヴ&トーク」開催。
11月 ・打田十紀夫のCDレッスン楽譜集『フィンガーピッキング・ブルース・ギター』(TABレーベル)発売。
11月 ・「TABニュース 2003/Nov.」発行。
9月 ・曙橋「バックインタウン」にて、“打田十紀夫と7本のギター”ライヴ開催(写真はこちら)。
8月 ・代官山のブルース・ライヴ・ハウス「フーチークーチー」開店8周年記念ライヴに、打田十紀夫出演(平成7年の開店以来、夏の記念ライヴに毎年出演)。宮本洋平クンが2部のオープニングを務める。
8月 ・TABネットショップ新装開店!
8月 ・「TABニュース 2003/Aug.」発行。
7月 ・「打田十紀夫ホームページ」オープン1周年記念として、1991年1月の打田のドロップキック秘蔵映像を公開(同ホームページの“秘蔵写真&秘話”よりどうぞ)。
6月 ・MANDA-LA2にて「打田十紀夫&AKI」ジョイント・ライヴ開催。最後のギターバトルでは、AKIが秘密兵器ディストーションを出せば、打田は掟破りの“叩き”で対抗(写真はこちら)。
6月 ・ウッディ・マンの新作CD付き教則本『ハウ・トゥ・プレイ・アコースティック・ブルース・ギター』(TABレーベル)出版。
5月 ・Jazz Life誌6月号に、Roland AC-60の誌奏レポートで打田十紀夫が登場。
4月 ・打田十紀夫“北海道ライヴ・ツアー”で、旭川(ライヴ&セミナー)・小樽(w/浜田隆史)・札幌(w/浜田隆史)を回る(札幌ライヴの写真はこちら)。
4月 ・打田十紀夫「ギター・スタイル・オブ・ロバート・ジョンソン」(リットーミュージック)がDVD版で発売。
4月 ・モリダイラ楽器主催「フィンガーピッキング・デイ 2003」に打田十紀夫ゲスト出演(写真はこちら)。コンテスト部門のTABギタースクール賞は、前川哲範さんが受賞。
3月 ・曙橋「バックインタウン」にて、打田十紀夫&浜田隆史“ブルース&ラグタイム”ジョイント・ライヴ開催(写真はこちら)。
3月 ・打田十紀夫 仙台遠征で、新星堂ロックイン仙台店主催の「ROCK INN ACOUSTIC NIGHT」にゲスト出演。翌日は、インストア・ライヴ&クリニック開催。
3月 ・枚方青少年センター・ホールにおける南澤大介ソロ・ライヴに打田十紀夫がゲスト出演。
3月 ・「TAB通販カタログ Vol.22」発行。
3月 ・打田十紀夫“九州&沖縄ライヴ・ツアー”で、大分・熊本・佐賀・長崎・小倉・福岡・沖縄を回る。
3月 ・南澤大介「Eleven Small Rubbishes/完全コピー楽譜集」(TABレーベル/BSV)発売。
2月 ・ブルース・インターアクションズ発行の「blues & soul records」誌 No.50に、打田十紀夫のインタビュー掲載。ブラインド・ブレイクとブラインド・レモン・ジェファーソン特集した同号で、この2大巨人をはじめとするカントリー・ブルースマン達のギター・スタイルの魅力を熱く語る。
2月 ・クロサワ楽器Dr.Sound店にて打田十紀夫インストア・ライヴ&クリニック開催(写真はこちら)。
2月 ・打田十紀夫「Acoustic Delights/完全コピー楽譜集」(TABレーベル)出版。
1月 ・南澤大介ソロ・ギターCD「Eleven Small Rubbishes」(TABレーベル/BSV)リリース。
1月 ・『アコースティック・ギター・マガジン15』(リットーミュージック)に、打田十紀夫のインタビュー掲載。
1月 ・『アコースティック・ギター・ブック16』(シンコー・ミュージック)に、打田十紀夫のインタビュー掲載。

平成14年(2002年)
12月 ・第二回TABギタースクール生徒発表会開催(ダイジェスト写真はこちら)。
11月 ・打田十紀夫 4th.CD「Acoustic Delights」(TABレーベル)リリース。CD発売記念ライヴ・ツアーで、大阪ミノヤホール、三木楽器(セミナー)、豊川KAPPA、静岡VELVETSOUND、東京マンダラ2でライヴを開催(東京ライヴの写真はこちら)。
11月 ・リットーミュージック主催の“高原のソロ・ギター合宿 in 岩原”に岡崎倫典氏、南澤大介氏と共に、打田十紀夫が講師で参加。
10月 ・中国の上海で開催された楽器エキスポ“Music China Show”に、打田十紀夫がタカミネ・ギターのデモ演奏のため遠征(写真はこちら)。
10月 ・石橋楽器横浜店主催のイベント“ソロ・ギターの宴”に打田十紀夫出演(写真はこちら)。
10月 ・モーリス・フォーク・ヴィレッジに二度目のゲスト出演。
9月 ・“アコギ界のジミヘン”AKIが初の全国ツアーへ出発。出発直前にTABに立ち寄ったAKIに販売用のCDを渡すために、棚から段ボール箱を下ろした際に打田、ぎっくり腰に!
8月 ・曙橋のライヴハウス「バックインタウン」で打田十紀夫ソロ・ライヴ開催。ゲストに南澤大介が出演(写真はこちら)。
8月 ・大楽器祭2002において「ドブロ・ギター・クリニック」(企画:山野楽器)、「フィンガーピッキング・デイ in 大楽器祭」(企画:モリダイラ楽器)、「“アミスター・ギター”ブルース・ミニ・ライヴ」(企画:フックアップ)に、打田十紀夫が出演。過密スケジュールも和泉元彌ばりに時空を越えての移動で無事にこなす。おまけに、夜は代官山「フーチークーチー」でのライヴ。全日本プロレス30周年記念試合で1日3試合やった武藤敬司も顔負けの1日4試合をこなす。
8月 ・ラジオ日本「アコースティック・アイランド」に、4月に続いて打田十紀夫がゲスト出演。
7月 ・TABギタースクールのホームページに加え、打田個人の活動にスポットを当てた「打田十紀夫ホームページ」を新設。
7月 ・打田十紀夫、CD付教則本「なんちゃってアコースティック・ブルース」(リットーミュージック)発売。
6月 ・TAB主催「アーニー・ホーキンス&打田十紀夫 =アコースティック・ブルース・ライヴ=」を東京、名古屋、大阪で開催。
4月 ・ラジオ日本「アコースティック・アイランド」に打田十紀夫2週続けてゲスト出演。
4月 ・「パット・カートリー Live in Japan」(ゲスト:中川イサト、打田十紀夫)開催。
4月 ・モリダイラ楽器主催「フィンガーピッキング・デイ 2002」に打田十紀夫ゲスト出演。コンテスト部門のTABギタースクール賞は、北口博之さんが受賞。
3月 ・CD付楽譜集「南澤大介の“アニメ&特撮”ソロ・ギター」(TABレーベル)を発売。
3月 ・打田十紀夫、CD付教則本「リアル・アコースティック・ギター/ラグタイム・ギター」(リットーミュージック)発売。
2月 ・「TAB通販カタログ Vol.21」発行。過去最高の60頁のボリューム!
1月 ・教則ビデオ「ギター・オブ・ブラインド・レモン・ジェファーソン」(TABレーベル)をリリース。

平成13年(2001年)
12月 ・『ギター・マガジン講義録 ブルースの逆襲!!』(リットーミュージック)に、過去にギター・マガジンで執筆したブルース関連の原稿が再掲載される。
12月 ・『アコースティック・ギター・ブック14』(シンコー・ミュージック)に、TABライヴで来日したピエール・ベンスーザンのインタビュー掲載
12月 ・台湾で「ビギナーズ・ハンドブック/アコースティック・ギター」出版。
12月 ・「極楽ソロ・ギター・サウンド」(ヤマハ出版)に打田十紀夫インタビュー掲載。
12月 ・第一回TABギタースクール生徒発表会開催。
12月 ・教則ビデオ「これなら弾ける!! フィンガースタイル・スウィング・ギター」(TABレーベル)をリリース。
11月 ・ピエール・ベンスーザンを招聘してのTABコンサートを東京、名古屋、大阪で開催。
11月 ・旧香港上海銀行長崎支店記念館で「打田十紀夫コンサート」開催。豊川“KAPPA”でライヴ開催。
11月 ・教則ビデオ「これなら弾ける!! ゴスペル・ギター」(TABレーベル)をリリース。
10〜11月 ・モーリス・ギター提供“打田十紀夫ライヴ&フィンガーピッキング・クリニック”を博多ロックイン、京都JEUGIA、タハラ藤沢店、新宿ロックイン、Music Land Key渋谷などで開催。
10月 ・AKI、2nd.CD「アコースティック・ロック・ギター」(TABレーベル)リリース。楽譜集も同時発売。
10月 ・教則ビデオ「これなら弾ける!! ジャズ・コード・ソロ」(TABレーベル)をリリース。
10月 ・TAB主催「打田十紀夫&小松原俊 ジョイント・ライヴ」開催。“モーリスVSソモギー”と話題を呼ぶ。
10月 ・打田十紀夫の「ブルース・ギターの常套句 生!」(リットーミュージック)がDVD版で発売。
9月 ・パフォーマンス・ビデオ「追悼 チェット・アトキンス 1976-1995」(TABレーベル)をリリース。
8月 ・吉川忠英さんがホスト役を務める「アコギでGO!」に打田十紀夫出演(他、IWAOさん、伊藤大介さんが出演)。メジャーのサムエル伊藤クンとの夢の共演を果たす!
8月 ・TABギタースクール10周年記念コンサート開催(出演:ダック・ベイカー、打田十紀夫、浜田隆史、AKI)。
7月 ・『アコースティック・ギター・マガジン9』(リットーミュージック)で「打田十紀夫のラグタイム・ギター講座」掲載。
7月 ・打田十紀夫、4本目の教則ビデオ「ラグタイム・ギター」(リットーミュージック)発売。
7月 ・USAナッシュビルでのNAMMショーにおいて、浜田隆史がモーリス・ギターのデモ演奏。
5月 ・TAB正社員第一号、トモベこと智子さん結婚、寿退社。結婚式での輝く笑顔が忘れられない…。
4月 ・教則ビデオ「レガシー・オブ・カントリー・フィンガースタイル・ギター Vol.1 & 2」(TABレーベル)をリリース。
4月 ・モリダイラ楽器主催「フィンガーピッキング・デイ 2001」に打田十紀夫ゲスト出演。コンテスト部門のTABギタースクール賞は、濱口祐自さんが受賞。
3月 ・教則ビデオ「ギター・オブ・ブラインド・ウィリー・マクテル」(TABレーベル)をリリース。
2月 ・教則ビデオ「ギター・オブ・マンス・リプスカム Vol.1 & 2」(TABレーベル)をリリース。
2月 ・「TAB通販カタログ Vol.20」発行。
1月 ・『アコースティック・ギター・マガジン7』(リットーミュージック)に、TABライヴで来日したジョン・レンボーンとダック・ベイカーのインタビュー掲載。また、同誌には打田十紀夫による「“3つのチューニングで探求する”フィンガーピッキング・スライド・ギター」も掲載。
1月 ・TABレーベルの「デルタ・ブルース・ギター・デュエット」「カントリー・ブルース・ギター・デュエット」(ボブ・ブロズマン&ウッディ・マン)がアメリカとヨーロッパにて、ステファン・グロスマンズ・ギター・ワークショップよりリリースされる。
1月 ・ 教則ビデオ「ギター・オブ・ライトニン・ホプキンス」(TABレーベル)をリリース。

平成12年(2000年)
12月 ・『アコースティック・ギター・ブック12』(シンコー・ミュージック)に、TABライヴで来日したジョン・レンボーンとダック・ベイカーのインタビュー掲載。また、同誌にはマホガニー・ギターについての打田十紀夫のインタビューも掲載。
12月 ・CD付楽譜集「フィンガースタイルで弾く懐かしのアニメ&特撮ソング」(出浦勢太郎・著)(TABレーベル)を発売。
11月 ・TABコンサートVol.6「ジョン・レンボーン&ダック・ベイカー/ライヴ・イン・ジャパン」を東京、名古屋、大阪で開催。
11月 ・教則ビデオ「フォーク、ブルース&ビヨンド」「ケルティック・メロディ&オープン・チューニング」(共に、TABレーベル)をリリース。
10月 ・マーティン・ギター専門店FMGの特別イベントにて「打田十紀夫コンサート」出演。
10月 ・大楽器祭2000にて、モリダイラ楽器提供「打田十紀夫/フィンガーピッキング・ライヴ&セミナー」に出演。
10月 ・CSチャンネルVIEWSIC「ピーター・バラカン・ショー」にて、同年3月来日時の「ダック・ベイカー/ライヴ・イン・ジャパン」を放送。また、NHK・FMラジオ番組「ウィークエンド・サンシャイン」にてダック・ベイカー特集をオンエア。
9月 ・「これで完璧! アコースティック・ギターの基礎」(リットーミュージック)として、「ビギナーズ・ハンドブック/アコースティック・ギター」が改訂出版。
8月 ・ダック・ベイカーのCD「マイ・ハート・ビロングズ・トゥ・ジェニー」(TABレーベル)をリリース。
8月 ・ 教則ビデオ「ブルーグラス・リード・ギター入門」(TABレーベル)をリリース。
7月 ・TABコンサートVol.5「フィンガースタイル・ギター三態/トム・ロング、浜田隆史、打田十紀夫」を東京、名古屋、大阪にて開催。
7月 ・ 教則ビデオ「カントリー・フラットピッキング・ギター入門」「スウィング・ギター入門」(共に、TABレーベル)をリリース。
6月 ・ニューヨークにおけるボブ・ブロズマン&ウッディ・マン主催「インターナショナル・ギター・セミナー」にゲスト出演。その後、テイラー・ギター社を訪問し、ボブ・テイラー氏と面会。工場見学。
6月 ・島村楽器主催「打田十紀夫・ライヴ&セミナー」Vol.2がスタート。平成13年3月にかけて全国56店舗で開催。
6月 ・『アコースティック・ギター・ブック11』(シンコー・ミュージック)にて、打田十紀夫のインタビュー掲載。
6月 ・TABレーベルから、打田十紀夫プロデュースによる初の国内収録教則ビデオ「デルタ・ブルース・ギター・デュエット」「カントリー・ブルース・ギター・デュエット」(ボブ・ブロズマン&ウッディ・マン)を発売。
5月 ・「TAB通販カタログ Vol.19」発行。
5月 ・教則ビデオ「ギター・オブ・ブラインド・ボーイ・フラー」(TABレーベル)をリリース。
4月 ・『アコースティック・ギター・マガジン4』(リットーミュージック)に、TABライヴで来日したボブ・ブロズマンとウッディ・マンのインタビュー&セミナー掲載。
3月 ・TABコンサート番外編「ダック・ベイカー/ソロ・ライヴ」を東京にて開催。浜田隆史がゲスト出演。ピーター・バラカン氏のラジオ番組にダック・ベイカー特別生出演。
3月 ・ボブ・ブロズマン&ウッディ・マンを招聘してのTABコンサートVol.4「アメリカン・ドリーム・ツアーinジャパン」を東京、名古屋、大阪にて開催。
3月 ・打田十紀夫、3rd.CD「Tokio Acoustic Blues」(TABレーベル)リリース。「Tokio Acoustic Blues/完全コピー楽譜集」(TABレーベル)も同時発売。
2月 ・『プレイヤー』誌にて、打田十紀夫のインタビュー&ギター紹介掲載。
1月 ・教則ビデオ「チェット・アトキンスのギターを始めよう!」(TABレーベル)をリリース。

平成11年(1999年)
12月 ・『アコースティック・ギター・ブック10』(シンコー・ミュージック)に、TABライヴで来日したパット・ドノヒューのインタビュー掲載。
12月 ・パフォーマンス・ビデオ「ストリングス&フレッツ」(TABレーベル)をリリース。
11月 ・教則ビデオ「ケルティック・フィンガースタイル・ギター入門」(TABレーベル)をリリース。
10月 ・『アコースティック・ギター・マガジン2』(リットーミュージック)に、TABライヴで来日したパット・ドノヒューのインタビュー掲載。
10月 ・「TAB通販カタログ Vol.18」発行。
10月 ・浜田隆史の本格的ラグタイムCD「クライマックス・ラグ」をTABレーベルよりリリース。「クライマックス・ラグ/完全コピー楽譜集」も同時発売。国内はおろか、海外でも高い評価を得る。
9月 ・教則ビデオ「フィンガースタイル変則チューニング入門」(TABレーベル)をリリース。
9月 ・TABコンサートVol.3「ダック・ベイカー&パット・ドノヒュー/ライヴ・イン・ジャパン」を、東京、名古屋、金沢、大阪にて開催。
8月 ・教則ビデオ「サム・スタイル・ギター入門」(TABレーベル)をリリース。
7月 ・大阪ドルフィンギターズにおいて、AKIの「ライヴ&セミナー」開催。
7月 ・季刊化された「アコースティック・ギター・マガジン」誌(リットーミュージック)において、打田十紀夫の連載セミナーがスタート。以後、今日まで継続連載中。
7月 ・ウッディ・マンのCD「ビーン・ヒア・アンド・ゴーン」(TABレーベル)をリリース。
6月 ・『アコースティック・ギター・ブック9』(シンコー・ミュージック)に、TABライヴで来日したボブ・ブロズマンのインタビュー掲載。
6月 ・教則ビデオ「ステファン・グロスマンの“カントリー・ブルース・ギター 3”」(TABレーベル)をリリース。
6月 ・教則ビデオ「ステファン・グロスマンの“カントリー・ブルース・ギター 1”」「ステファン・グロスマンの“カントリー・ブルース・ギター 2”」(共に、TABレーベル)をリリース。
5月 ・教則ビデオ「ステファン・グロスマンの“フィンガーピッキング・ギター・テクニック”」「ステファン・グロスマンの“ボトルネック・ブルース・ギター”」「ステファン・グロスマンの“ハウ・トゥ・プレイ・ブルース・ギター”」(共に、TABレーベル)をリリース。
4月 ・『プレイヤー』誌において、打田十紀夫の翻訳・監修によるウッディ・マン“フィンガースタイル・ブルース・ギター”セミナーがスタート(2011年1月号まで連載)。
3月 ・教則ビデオ「ブルーグラス・クロスピッキング・ギター」(TABレーベル)をリリース
3月 ・金沢うつのみやミューズインにて、「打田十紀夫/ライヴ&セミナー」開催。AKIがゲスト出演。
2月 ・教則ビデオ「フラットピッキング・フィドル・チューン」(TABレーベル)をリリース。
2月 ・大阪井上楽器にて、「打田十紀夫/ライヴ&セミナー」開催。AKIがゲスト出演。
2月 ・島村楽器主催「打田十紀夫・ライヴ&セミナー」を7月までの期間に全国約35店舗で開催。
2月 ・「TAB通販カタログ Vol.17」発行。
1月 ・打田の人生の師、ジャイアント馬場さん、死去。
1月 ・教則ビデオ「ギター・オブ・ビッグ・ビル・ブルーンジー」(TABレーベル)をリリース。

平成10年(1998年)
12月 ・『アコースティック・ギター・ブック8』(シンコー・ミュージック)に、打田十紀夫が「影響力のある8人のフィンガーピッカー」執筆。
12月 ・教則ビデオ「ギター・オブ・ブラインド・ブレイク」(TABレーベル)をリリース。
12月 ・ボブ・ブロズマンを招聘してのTABコンサートVol.2を東京、大阪にて開催。ゲストに、平安隆、ウッディ・マンが出演。
12月 ・TAB・Tシャツを発売。
11月 ・AKI、1st.CD「ジミズ・スピリット・オブ・アコースティック」をTABレーベルより、リリース。
11月 『アコースティック・ギター7』(リットーミュージック)に、TABライヴで来日したダック・ベイカーのインタビュー掲載。
10月 ・パフォーマンス・ビデオ「ボブ・ブロズマン・イン・コンサート」(TABレーベル)をリリース。
10月 ・TUYテレビユー山形の東北7局ネットにおいて、スバル提供『Long Drive』で、打田十紀夫の「スパルタの姫たち」(CD『ココナッツ・クラッシュ』より)がテーマ曲として使われる。
10月 ・CS番組「フライ・フィッシング・エリア・ガイド」で使われた打田十紀夫の曲がCD化、「思い出の鱒釣り」(小学館)として発売される。「思い出の鱒釣り/完全コピー楽譜集」(TABレーベル)も同時発売。
9月 ・パフォーマンス・ビデオ「ドックス・ギター・ジャム」(TABレーベル)をリリース。
8月 ・パフォーマンス・ビデオ「トニー・ライス/ビデオ・コレクション」(TABレーベル)をリリース。
7月 ・小学館のCS番組「フライ・フィッシング・エリア・ガイド」に打田十紀夫のギター・ミュージックが使用される。
6月 ・CD版「ケルティック・フィンガースタイル・ギター Vol.1 & 2」(TABレーベル)をリリース。
6月 ・教則ビデオ「ボトルネック・スライド・ギター」(TABレーベル)をリリース。
6月 ・教則ビデオ「フラットピッキング・ギター/カントリー・スタイル」(TABレーベル)をリリース。
5月 ・「TAB通販カタログ Vol.16」発行。
5月 ・教則ビデオ「フィンガースタイルで弾くボブ・ディラン」「フィンガースタイルで弾くポール・サイモン」(共に、TABレーベル)をリリース。
4月 ・ダック・ベイカー(初来日)を海外より招いてTABフィンガーピッキング・スペシャル・コンサートVol.1を東京、京都で開催。
3月 ・ステファン・グロスマンのCD「シェイク・ザット・シング」(TABレーベル)をリリース。
3月 ・パフォーマンス・ビデオ「ケルティック・フィンガースタイル・ギター Vol.2」(TABレーベル)をリリース。
2月 ・パフォーマンス・ビデオ「ケルティック・フィンガースタイル・ギター Vol.1」(TABレーベル)をリリース。
2月 ・『プレイヤー』誌3月号に、ボブ・ブロズマンと打田十紀夫の対談掲載。
1月 ・『アコースティック・ギター・ブック6』(シンコー・ミュージック)にて、打田十紀夫のインタビュー掲載。

平成9年(1997年)
12月 ・打田十紀夫・教則ビデオ「ブルース・ギターの常套句 生」(リットーミュージック)発売。業界驚異のベストセラーとなる。
11月 ・『アコースティック・ギター6』(リットーミュージック)に「打田十紀夫のボトルネック・ブルース・ギター講座」掲載。
11月 ・打田十紀夫「ココナッツ・クラッシュ/完全コピー楽譜集」(TABレーベル)発売。
10月 ・新宿ロックイン、渋谷石橋楽器にて、打田十紀夫1st.CD発売記念「ライヴ&トーク」を開催。
10月 ・「TAB通販カタログ Vol.15」発行。
9月 ・ステファン&ダックのCD「ノーザン・スカイズ、サザン・ブルース」TABレーベル)をリリース。
8月 ・パフォーマンス・ビデオ「マーティン・テイラー・イン・コンサート」(TABレーベル)をリリース。
7月 ・パフォーマンス・ビデオ「カントリー・ギターの伝説」(TABレーベル)をリリース。
6月 ・教則ビデオ「ラリー・コリエルのブルース・ギター」(TABレーベル)をリリース。
6月 ・打田十紀夫、1st.CD「ココナッツ・クラッシュ」をTAB・CDレーベルからリリース。以後、今日まで、TAB・CDレーベルからは、内外アーティストの作品を継続的にリリース。
6月 ・打田十紀夫、CD付教則本「CDでマスターするフォーク・ギター」(ナツメ社)発売。
6月 ・『アコースティック・ギター・ブック5』(シンコー・ミュージック)に、打田十紀夫が「ギター・オブ・ジョン・レンボーン」執筆。
6月 ・「TABギタースクール・ホームページ」開設。
5月 ・教則ビデオ「ラリー・コリエルのジャズ・ギター Vol.2」「ラリー・コリエルのジャズ・ギター Vol.3」(共に、TABレーベル)をリリース。
5月 ・「TAB通販カタログ Vol.14」発行。
3月 ・教則ビデオ「ラリー・コリエルのジャズ・ギター Vol.1」(TABレーベル)をリリース。
1月 ・CD付教則本「レジェンズ・オブ・カントリー・ブルース・ギター」(編纂:ステファン・グロスマン、監修:打田十紀夫)をTABレーベルより発売。

平成8年(1996年)
12月 ・教則ビデオ「フィンガースタイルで弾く“ジャズ・クラシックス”Vol.1 & 2」(TABレーベル)をリリース。
12月 ・某大手商工ローン会社のCMで打田十紀夫がギターを弾く。
11月 ・教則ビデオ「フィンガースタイルで弾くセロニアス・モンク」(TABレーベル)をリリース。
9月 ・教則ビデオ「ジャズ・ティンジ」「中世/ルネッサンス音楽」(共に、TABレーベル)をリリース。
9月 ・「TAB通販カタログ Vol.13」発行。
6月 ・『アコースティック・ギター・ブック3』(シンコー・ミュージック)に、打田十紀夫が「ギター・オブ・チェット・アトキンス」執筆。
6月 ・パフォーマンス・ビデオ「ジョン・リー・フッカー〜レア・パフォーマンス 1960-1984〜」「ジョン・リー・フッカー&フレンズ」(共に、TABレーベル)をリリース。
5月 ・教則ビデオ「ギター・オブ・チェット・アトキンス」(TABレーベル)をリリース。
4月 ・パフォーマンス・ビデオ「チェット・アトキンス〜レア・パフォーマンス 1955-1975〜」(TABレーベル)をリリース。
4月 ・「TAB通販カタログ Vol.12」発行。
3月 ・パフォーマンス・ビデオ「ステファン・グロスマン〜追想 1971-1988〜」「ジョン・レンボーン〜レア・パフォーマンス 1965-1995〜」(共に、TABレーベル)をリリース。
2月 ・ラジオ日本のトーク番組に、打田十紀夫ゲスト出演。
2月 ・パフォーマンス・ビデオ「マール・トラヴィス2」(TABレーベル)をリリース。
1月 ・『アコースティック・ギター4』(リットーミュージック)に、打田十紀夫による「ステファン・グロスマン・インタビュー」&「おいしいフレーズ50連発」掲載。

平成7年(1995年)
12月 ・教則カセット「フィンガーピッキング・ブルース・ギター」(TABレーベル)を発売。
12月 ・「TAB通販カタログ Vol.11」発行。
11月 ・『アコースティック・ギター・ブック2』(シンコー・ミュージック)に、打田十紀夫による「ラグタイム・ギターのすべて」掲載。
11月 ・TABレーベルより、初のCD付教則本「クラシック・ラグズ・オブ・スコット・ジョップリン」(編纂:ステファン・グロスマン、監修:打田十紀夫)を発売。以後、今日まで継続的にリリース。
9月 ・「TAB通販カタログ Vol.10+」発行。
8月 ・代官山のブルース・ライヴ・ハウス「フーチークーチー」開店記念ライヴに、打田十紀夫出演。以後、毎年夏に恒例ライヴを開催。
5月 ・パフォーマンス・ビデオ「フラットピッキング・ギターの伝説」(TABレーベル)をリリース。
4月 ・打田十紀夫・教則ビデオ「ギター・スタイル・オブ・ロバート・ジョンソン」(リットーミュージック)発売。
4月 ・パフォーマンス・ビデオ「ドック・ワトソン〜レア・パフォーマンス 1963-1981〜」「ドック・ワトソン〜レア・パフォーマンス 1982-1993〜」(共に、TABレーベル)をリリース。
3月 ・「TAB通販カタログ Vol.10」発行。
3月 ・『アコースティック・ギター3』(リットーミュージック)に、打田十紀夫が「フィンガーピッカー新興勢力!」執筆。
2月 ・パフォーマンス・ビデオ「フィンガースタイル・ギターの芸術」(TABレーベル)をリリース。

平成6年(1994年)
11月 ・パフォーマンス・ビデオ「ライトニン・ホプキンス〜レア・パフォーマンス 1960-1979〜」(TABレーベル)をリリース。
9月 ・「TAB通販カタログ Vol.9」発行。
8月 ・パフォーマンス・ビデオ「フィンガースタイル・ギター〜新次元と探究 Vol.3〜」(TABレーベル)をリリース。
6月 ・パフォーマンス・ビデオ「フィンガースタイル・ギター〜新次元と探究 Vol.1〜」「フィンガースタイル・ギター〜新次元と探究 Vol.2〜」(共に、TABレーベル)をリリース。
5月 ・打田十紀夫、CD付楽譜集「プレイ・オープン・チューニング・ギター」(中央アート出版社)発売。
4月 ・「TAB通販カタログ Vol.8」発行。
4月 ・そんな中、TABレーベル発足。まさに嵐の船出、第1弾ビデオ「マール・トラヴィス〜レア・パフォーマンス〜」を発売。以後、VHSビデオは70タイトルを継続的にリリース。
4月 ・隣の和菓子屋から出火し、TABギタースクール、火事になる!!!
1月 ・「TAB通販カタログ Vol.7」発行。

平成5年(1993年)
11月 ・打田十紀夫、教則本「ビギナーズ・ハンドブック/アコースティック・ギター」(リットーミュージック)発売。
10月 ・打田十紀夫、初の教則ビデオ「すぐ弾けるカントリー・ブルース・ギター」(リットーミュージック)発売。
9月 ・「TAB通販カタログ Vol.6」発行。
9月 ・打田十紀夫、CD付教則本「リアル・アコースティック・ギター/カントリー・ブルース」(リットーミュージック)発売。
8月 ・『ギター・マガジン』誌(リットーミュージック)にて、打田十紀夫の翻訳・監修によるステファン・グロスマン“ブルース・ギター”セミナー(Vol.2)がスタート(Vol.1は、昭和62年に12回シリーズを連載)。このシリーズは、約3年間にわたって連載。
5月 ・「TAB通販カタログ Vol.5」発行。
2月 ・ソニー・エナジー・テック発行の『CLAP 13』に打田十紀夫のインタビュー掲載。顔を黒塗りしてのロバート・ジョンソンもどきの写真も掲載(写真撮影の帰りに、その格好のままタクシーに乗ろうとして、乗車拒否を受けた)。
2月 ・「TAB通販カタログ Vol.4」発行。

平成4年(1992年)
10月 ・「TAB通販カタログ Vol.3」発行。
9月 ・リットーミュージックより打田十紀夫監修のステファン・グロスマン教則ビデオシリーズ第1弾「カントリー・ブルース・ギター1」発売。以後、リットーミュージックの同シリーズは27タイトルを監修。
6月 ・打田十紀夫、教則本「フォーク・ギター入門」(ナツメ社)発売。
6月 ・「TAB通販カタログ Vol.2」発行。
5月 ・渡米し、ステファン・グロスマン宅、シャナキー・レコードを訪問。エル・マクミーンを紹介される。

平成3年(1991年)
12月 ・TAB第一回忘年会。以後、毎年大宴会&豪華景品の当たるBINGO大会開催。
9月 ・全国のギター・ファンに向けて、CD・ビデオなどの通信販売を開始。このとき、カタログ#1発行。以後、継続的にカタログ発行し、平成16年6月現在で#23(全カタログお持ちの方いらっしゃいますか?)。
7月 ・アコースティック・ギター界の現状と未来を憂え、打田十紀夫がTABギタースクールを設立。お茶の水カワセ楽器にて開校記念ギター・セミナー開催。

このページのトップへ戻る


■TABホームページに戻る